読書

★★★★☆

「ネメシスの使者」果たして死刑は必要なのかを問う(ように見せかける)のがうまい

★★★★☆文春文庫
お仕事ミステリー現代
冤罪からの死刑の「テミスの剣」、死刑回避からの事件の「ネメシスの死者」 テミスの剣の渡瀬刑事を主人公格に置かれた物語。続き物かと言われると完全に別物語であるが、中山七里作品自体がスターシステムなので、岬刑事の息子の話が出てくる程度には渡瀬刑事の過去話も出てくる。 テミスの剣が『死刑という判決は正しいのか?もし犯人が実は冤罪だったら?』という物語であるのに対して、今回は『果たして死刑回避で無期懲役という判決は正しいのか?人を殺した犯人がのうのうと生きていて良いのか?』という物語。冤罪事件で死刑判決を勝ち得てしまった渡瀬刑事だからこそこの物語の主役に据えられるのがまさに正…
★★★★☆

「テミスの剣」免罪符と贖罪のヒューマンドラマ

★★★★☆文春文庫
お仕事ミステリー現代警察
前半と後半で取り扱う事件が変わる物語。前半は若くて青い刑事が相棒につられて昭和の圧力的な取り調べをしてしまい冤罪事件を起こしてしまうことから始まる物語。後半は、その冤罪事件の真犯人が無期懲役から仮釈放となった直後に殺害される物語。 ミステリーやトリック中心の話になるのかなと思いきや、どちらかと言えばヒューマンドラマの印象。前半の事件があったからこそ後半の真犯人が殺される事件で各容疑者たちの憎しみや殺害動機が理解できた。一度冤罪事件を引き起こしてしまった、またその粛清から逃れてしまったからこそ間違いを正す刑事でありたいと願う主人公が、今度こそとばかりに事件に取り組んでいくのが魅力的だった…
★★★★☆

「型破り傭兵の天空遺跡攻略」最後までめっっっちゃ面白いファンタジー

★★★★☆角川スニーカー文庫
ファンタジー新人賞
いやーーーーーめっっっちゃ面白かった。これで新人賞受賞作? このレベルで? すっっっご……、めっちゃおもしろ……。 とってもカワイイ私と付き合ってよ!シリーズがめちゃくちゃ面白かったため、同じ作者さんの別作品が読みたくなってBW読み放題で開いてみたら大当たりだった。めっっっちゃ面白かった。 わくわくするダンジョン攻略 同時攻略をしないとクリアできない双子ダンジョン。その戦力を同じくするため雇われた、型破りな強さを持つ奔放な傭兵である主人公。その彼を指揮下に置く騎士団の副団長のヒロインが中心に物語が回っていく。同時に攻略しないと行けない双子ダンジョンっていうのが面…
★★★☆☆

「マリシャスクレーム」前半は面白いが後半微妙なクレーマーバトル

★★★☆☆メディアワークス文庫
お仕事現代
前半は面白いけど後半が微妙過ぎる。 クレーム対応係というお仕事 お客様センターにかかってくるやばいクレーマーと戦う主人公の物語。主人公自体も過去にクレーマーだった父親によって各所にクレームをつける方法を身に着けさせられ、それがまるで当然の権利であり当然のやり方であると思って育っていた、だからクレーマー対応がうまいというのに超納得。初期の仮面ライダーみたいなものだよね。ショッカーの力を利用して戦う仮面ライダーと同じく、クレーマーを知っているからこそ対応できる主人公。けれどもクレーマーに育てられて自然とクレームを付けていた当時を思い出してしまうため、クレーム対応のたびに嘔吐してしまう…
★★★☆☆

「貴サークルは”救世主”に配置されました2」話は良いのに小説本にまつわる描写が雑

★★★☆☆GA文庫
オタク同人現代
話としては本当に面白くて続きが気になってぐいぐい読んでた。ヒメとナイトの関係性も、ナイトのスランプがどうなるかも、未来がわからないからこそ不安なヒメもどれもこれも気になって気づいたらこのページ数一気に読み切ってた。だからこそ、小説本に関しては「小説本は売れない」しかろくに出てないのがものすごくもったいない。 ヒメとナイトの、ぶつかりつつも前に進んでいく関係性 ヒメとナイトの関係性はすっごいよかったー。 同ジャンルである先輩の協力をしたいナイトと、ループのなかで対立していた彼女とは協力したくないヒメ。ヒメの理由もわかる。描写は少ないけれども先輩との関係性があまり良いものではな…
★★★★☆

「とってもカワイイ私と付き合ってよ!3」大団円の最終巻

★★★★☆角川スニーカー文庫
両思い付き合ってる学園恋愛現代
いやーーーーー良かった、めっちゃ良かった……すっごい良かった……。 偽物カップルの恋の行方 グループ内恋愛の三角関係を回避するために大和と偽装で付き合い出した結朱。偽装というのがバレたけれども本当にお付き合いになりましたということで続いている偽装カップル。けれども徐々に互いのことを知っていくうちに――というお話ではあるんだけれど、いやー綺麗に収まって本当に良かった……。 クリスマスに告白の聖地にデートに誘われ嬉しげにする結朱がもうめっちゃ可愛かったし、告白の聖地であると後から知ってこれ俺が告白する流れじゃん!?!?となる大和のいやいやそれ勘違いだから!と言おうとしてもなかな…
★★★★☆

「とってもカワイイ私と付き合ってよ!2」友達以上恋人未満の二人の関係性が最高

★★★★☆角川スニーカー文庫
付き合ってる学園恋愛現代
文化祭と、それにともなって大和が過去に壊してしまった人間関係が二人の前に現れる巻。いやめっちゃ良かった……。 結朱と大和の関係性が最高 友達以上恋人未満としか表現できない二人の関係性がめちゃくちゃ良いんだよな……。 偽物カップルを演じていて、しかも大和は中学時代陽キャを演じていた、結朱は陽キャでハイテンションかつ周囲をちゃんと見ている性格なので、演じ方がすごくナチュラル。二人での普段の会話は、傍から見れば気が合いテンポも合うバカップル。けれども本人たちからしたら気のおけない仲であり気を使わない仲であるからこそ出てくる気安いものと、いちゃついた会話をしてもあまり照れたりしない…
★★☆☆☆

「美少女にTS転生したから大女優を目指す! 1」姉が可哀想

★★☆☆☆HJ文庫
TSFお仕事現代逆行
うーん、すごく全体的に微妙な部分が多い本だった。読んでいてそれでいいんかい部分がちらほら見られるというか。 毒親の影響でろくに惜しまれもせずに死んだ主人公が、目が醒めたら自分がほぼ生まれた頃まで時間が戻っており、しかも性別が女になっていた――という物語。転生というよりも、ただしくは逆行かな。記憶も精神もほぼそのまんま残したままの逆行なので、主人公の現在年齢は享年39+逆行してからの年齢となる。 主人公の夢がいきなり湧いてきた 前半は幼稚園で仲良くしていた子とのやりとりや小学校生活。当然ながらもともとが39+現在年齢のおっさん、周囲の子たちのお世話係となる。周囲から見ても大人…
★★☆☆☆

「ガリ勉くんと裏アカさん 1 散々お世話になっているエロ系裏垢女子の正体がクラスのアイドルだった件」イキり中二病主人公を面白がれるかどうか

★★☆☆☆HJ文庫
現代裏垢
私は全く面白がれなかった!!! 割とというかもはやテンプレとしてよくある『カースト上位のヒロインの本当の顔や秘密を俺だけが知っていてそれによって仲良くなるぜ』モノ。秘密の部分が彼女がエロ系(とはいえ下着姿までで中身と顔は見せていない)裏垢女子だったという内容。ちょっとした流れから主人公が彼女の秘密を知ったり、彼女を助けたりして、徐々に距離が近づいていく物語。というかラブコメのつもりだったんだ? 『画面越しだと大胆なのに対面だと健全な純愛ラブコメ、開幕!』というあらすじをコピペしていて初めて気づいた。ラブの欠片もない。主人公がヒロインに対して持っているのは脱いだ姿がエロいなという肉欲だけ…
★★★★☆

「金星特急 1」壮大なプロローグ巻なのに不思議と面白い

★★★★☆ウィングス文庫
ファンタジー
基本的に、そこそこ有名作家のシリーズ2作目以降に発生しがちな壮大なプロローグ巻もとい『どうせ2巻目も確約されてるんだからいい感じに謎ばらまいてキャラ設定だけ散りばめておこう、どうせ2巻も確定してるんだしこの1巻がそこまで売れなくても大丈夫』みたいなのが透けて見える本って好きじゃないんだよね。その1冊で面白くないので。という人間が「いやこれ完全にプロローグ巻でしかないしキャラ設定とシステム設定をしているだけ、しかもまだ説明がされきれてないのに不思議と面白いな?」と思った。いやなにこれ。不思議な本だな。 この1巻において描かれている内容はたったこれだけ。 主人公錆丸は、美貌の王子様…
★★★★☆

「警視庁アウトサイダー3」見事大団円の完結

★★★★☆角川文庫
お仕事映像化現代男性バディ警察
シーズン1のクライマックスからの大団円。今まで続いていた蓮見の父親の冤罪事件がこの話で片がついた。 窃盗からの日本酒サークル事件にて、マル暴の捜査方法でどぶろくのやり取りをうまく見つけて証拠を得るまでの架川のやり口が見事。1巻からずっと所轄じゃやらないような思考や行動で証拠を見つけ、蓮見がそこから推理とひらめきで事件を解決するという流れが完全にテンプレート化しているものの、毎回やり方が変わるのでおもしれー!と思うのはさすがの流れだなこれ。蓮見のほうも、3巻ともなると架川のマル暴仕込みの行動や思考に対してのツッコミがどんどん減っていってるのも面白い。 その蓮見だが、普段は冷静に思考…
★★★☆☆

「警視庁アウトサイダー2」キャラが少しずつ深掘りされていく2巻

★★★☆☆角川文庫
お仕事ミステリー現代男性バディ警察
前からちらっと出てたりする架川の娘さんが出てきたり、なんとなく日和見っぽさというか問題起きないでほしいのかなと思える課長・矢上の熱い部分が見えたり、蓮見が追いかける事件の発端である父親に架川が会いに行ったりする2巻。 個人的に読んでて面白かったのは、某何かの人気マンガを題材にしてるのだろうと思われる作品の偽アクキーの出どころ探しをしたりする1話目。自分が2.5も追いかけるタイプのオタクなので、天王洲の劇場に行って調べたりするシーンで銀河劇場がリアルに想像できて面白すぎた。架川さんが娘の愛理と二人っきりでは居心地が悪いし何を話したらいいのかわからなくて間に蓮見を入れたがる、というのが距離…
広告
タイトルとURLをコピーしました