ハルキ文庫

★★★★☆

「夜がどれほど暗くても」犯罪加害者を記事にしていた週刊雑誌副編集長、犯罪加害者遺族となる

★★★★☆ハルキ文庫
ミステリー現代
最近読んでる中山七里のノンシリーズ物(おそらく)。 犯罪系のネタや芸能人のスキャンダルをネタにしていた雑誌の副編集長が、自分の息子が殺人事件の加害者なおかつ死亡したことにより、本来は加害者に向くはずだったヘイトや取材なども全て向けられることとなる、という逆転構造のえぐさがめっちゃいい。 自分がやっていた立場だからこそカメラを向けてくるマスコミ連中がどういう意図でどういう絵面を取りたいのかもわかっていて、だからこそ腹立たしいし苛立つし、自分の無力さを実感する。この対比がすごい上手いのと、主人公が徐々に疲弊していく描写のさりげない旨さが相まってて読む手がとまらなかった。 どこ…
広告
タイトルとURLをコピーしました