KADOKAWA

★★★★☆

「棘の家」転がり転げて地獄へ一直線

★★★★☆KADOKAWA
いじめ家族現代
面白かった。 中山七里の小説ってラストのどんでん返しがデカく襲いかかるタイプの物語なのかなと思っていたし、実際この小説も『どんでん返しの帝王が~』という文章がアマゾンの紹介にあったからそういった類の物語なのかなと想像していたら全然違った。むしろ家族の裏の顔や、人間の感情を動かすタイプの物語だった。 無責任かつ簡単に掌返しする一般的な人間として出てきたネットの人々やマスコミの存在が面白かった。主人公の娘がいじめで飛び降りたものの、事なかれ主義の学校は詳しい調査もしないし、わかったことも教えてくれない。警察だって頼りにならない。そんな主人公たちのもとへと訪れたのはワイドショー的なマス…
★★★★☆

「異世界の沙汰は社畜次第 聖女召喚改善計画」主人公の『大人』としての距離感が好き 

★★★★☆KADOKAWA
ファンタジー恋愛片思い男同士の強感情異世界転移
一種のこちらの技術で俺TSUEEEEEEEEEEではあるんだけれど、スキルが経理と社畜というのがなんともまあ。そして異世界に来て一番喜んでる内容がヒロ○ンならぬ完全に疲労が抜けるお薬というのもまたなんとも。筋肉痛が翌日出ればましなほうと思っているあたりが非常になんとも……なんとも言えねえ……! 主人公の書類処理能力や経理の能力はかなり高そうなんだけれど、作中でほとんどの人からはその能力を買われないばかりか嫌がられているのが個人的にツボ。俺TUEEEEE出来る能力があっても誰もその良さを理解してくれないし、なんなら煙たがられているの、まあ経理ならあるだろうな……。しかも今まで通ってた申請…
★★★★★

彼女が好きなものはホモであって僕ではない  浅原 ナオト

★★★★★KADOKAWA
学園実写化恋愛現代腐女子
好きなものって何なのか  ものすごく雑に紹介するなら「腐女子とゲイの少年の恋愛青春小説」になるのだと思う。下手に取り扱ったら大やけどしそうな話だけれども、どうしようもないぐらい読んでるこっちの精神が痛い真面目な小説だった。 読んでいる最中、延々と主人公とこっちの精神に小さく傷をつけられ続けている気分。  あらすじにある通りの流れで三浦さんと急接近した純は、彼女に対して好感を持っていく。彼女が自分に対して気があるのもわかるし、遊園地に男子3人女子3人で行くことになったのもそういう意味でと教えられた上で行く。 三浦さん自体は悪い人じゃない。だからお付き合いも始める。彼女のことは好きだ…
広告
タイトルとURLをコピーしました