★★★☆☆

「御執事様の仰せのままに」

★★★☆☆メディアワークス文庫
現代
三度の飯より飯を作るのが好きだったんだ!?あらすじコピペしてて初めて知ったよ。親と暮らしている頃から作っているから作業として好きなんだろうなとは思えていたけれど、まさかそこまで好きとは思わなかったよ。 物語の出だしテンプレとしてはよくある、完全庶民派の主人公が実はさる富豪の血筋の人間で、突然上流階級に放り込まれたが主人公の庶民性は抜けないし、付き従う執事はそんな主人公の庶民性を歯がゆく思うという物語。うちの執事が言うことにはだのメイちゃんの執事だのの近い物語がぱっと思い浮かぶぐらいに一種の王道物語。 人の良い主人公は自分の出来る範囲でやろうとするが、高貴な人に今まで仕えてきた執事…
★★★☆☆

「江戸落語奇譚 寄席と死神」

★★★☆☆角川文庫
バディ怪異新人賞現代男性バディ
江戸の落語に関する怪異のみ見える落語家と、少し気弱で怖がりで何かしらの特定条件のときのみ怪異がほんのりわかる大学生がコンビを組んで、発生する江戸落語絡みの事件を解決していくふんわりした物語。個人的にはあんまり刺さらなかったというか、全体的に刺そう刺そうとしている感が強すぎてそれで逆にうーん……?となった感覚があったかも。 まず気になった点として、主人公である大学生が怪異を見えるときの条件がよくわからない。江戸落語にまつわる怪異が発生して身近にいる状況ならばなんとなく感じられるっぽいというのは読んでてわかったんだけれども、終盤の怪異が意図的に身を見せようとしている時以外はほとんど視界に入…
★★★★☆

「EAT 悪魔捜査顧問ティモシー・デイモン」そうだよこれだよバディの醍醐味

★★★★☆富士見L文庫
バディバトルファンタジー同居新人賞
そうだよこれだよバディの醍醐味。反発しあう二人が事件を通して次第に距離を縮めていき、相手への理解を深め、最終的には息が合った相棒となる。そうだよこれ。これだよバディの醍醐味は。そういう意味で100点満点、マジ最高の物語だった。 警察官であった主人公は、怪物じみたなにかに襲われて自分以外が全滅、自分も大怪我を負ってかろうじて回復した状況。そんな彼は当然、面倒を見ることを認めさせられたとは言え、人食いの怪物なんて全くもって認めようとしていない。最初のうちは自分が喰われるのではないかと警戒し怯えて銃を突きつけるときもあるし、彼の食事が人肉なので一緒に飯を食うのは拒否る時期もある。怪物…
買ったもの

今年のふるさと納税(女一人暮らし)

買ったもの
ふるさと納税
今年もふるさと納税を終えたので何を頼んだかメモ。ちなみに特段面白くなく、ベタすぎるぐらいにベタなものばかり。 一人暮らしのふるさと納税のポイント 食品は一人分の分量ではないので、最初から友達とシェアハピ前提もしくは冷凍or常温で長期保存出来るもの 米は気を抜くと10キロ来る。虫が発生しない置き場がないなら5キロのものを選ぶか2キロが複数回の定期便のものを選ぶのが安泰。 ちなみに過去の経験からして、自分の傾向として 加工済み冷凍食品はあまり食べない(ハンバーグセットを頼んで消費まで1年かかった) これから加工する冷凍食品もほぼ食べない(牛タンセットを1…
★★★☆☆

「ラブコメ漫画に入ってしまったので、推しの負けヒロインを全力で幸せにする」主人公からグイグイ行くタイプのラブコメだ!!

★★★☆☆角川スニーカー文庫
両思い付き合ってる学園恋愛現代異世界転移
タイトル通りの物語で、Wヒロイン物の漫画のなかに入ってしまった主人公が、Wヒロイン枠ですらない負け枠ヒロインにガチ恋してるので彼女にグイグイ行く話。なんとなく女性向けの悪役令嬢転生を思い出した。ポジション的にはそれにかなり近いものの、転生先は漫画の主人公の親友。元々原作でも自分と同姓同名のキャラクターになってるものの顔は漫画のキャラではなく自分、というパターン。 漫画内では負けヒロインとされる今作ヒロイン側も、主人公のあまりの熱量と勢いの告白に、もう初手で惚れちゃってる状態。お前はもうどう見ても勝ちヒロインだ。それでもなんとなく「保留で」としちゃってるからこそのもだもだというか…
★★★☆☆

「負けヒロインが多すぎる!」

★★★☆☆ガガガ文庫
学園幼馴染恋愛新人賞片思い現代
様々な負けヒロインたちの様子が、あーーつら!となって多種多様に切ないカワイイ。恋愛小説で成立するカップルが存在するならば、そのどちらかに片思いしている誰かは当然ながら失恋する。よくある当て馬キャラだってもしかしたらチャラいだけの邪魔なキャラじゃなくガチめの片思いをしていたかもしれない。成立する恋愛の横ではこんなん起きてるよな、というのが確かに~!と思えた。 ちなみにこの負けヒロインは主人公に対する負けヒロインではなく、それぞれ別に片思い相手がおり、別の女にかっさらわれている。 出てくる負けヒロインは、幼なじみだからこそその背中を押してしまったヒロイン、幼なじみで一番そばに…
★★★☆☆

「好きで好きで大好きなので、いっしょに好きを伝えたい」1冊使った壮大な序章

★★★☆☆角川スニーカー文庫
VTuberオタク同居現代
始めのほうでヒロインがVTuberやってるのでてっきりそういう話かな?と思いきや、どうしてVTuberになるかという物語だった。序章で1冊まるまる使っている感じ。冒頭でおっ最近流行りのVTuberモノか!?と思わせてそりゃないぜレベルでVTuberシーンはない。それぐらいだったらこの部分取っ払っちゃっていいんじゃないのかなというぐらいVTuber部分は無だった。 中学時代にオタクとしてバカにされてからというものオタ活から距離をおいていた主人公が、オタクで留学生のヒロインがホームステイすることになり、次第に好きという感情を出しても良いんだ!と再度思えるようになる心情変化があたたか…
★★★★☆

「転生魔王のジュリエット 2」両思い思春期青少年の欲求vs世界の滅亡

★★★★☆ファンタジア文庫
ファンタジーロミジュリ両思い付き合ってる恋愛
1巻はこちら 面白かったー!両思いだけれども二人がヤったら魔王が復活という立場+仲良くない組織に所属というロミジュリ状態カップルの物語。今回はヒロイン側の許嫁(ろくに会ったこともない)が登場。どうなることかと思いきや、そちらもそちらで身分違いで両思いの相手がおり……と恋愛面には問題ないハッピー仕様だった。三角関係など起きず二人はずっといちゃいちゃ、けれども二人の設定的には愛し合えないというポジションが葛藤あって好き。下手な三角関係が発生して二人の間がぎこちなくなっちゃうよりも、こういう二人の間のラブラブは変わりません!のほうが安心して読めるところがあるんだよね……。 …
★★★★☆

「天使は炭酸しか飲まない」伏線やポイントが綺麗に回収される物語

★★★★☆電撃文庫
学園恋愛片思い現代
すげー良かった。他人の恋愛成就のために奔走するちょっと不思議なちからを持つ少年と、惚れっぽすぎて片っ端から惚れてしまう自分の性格をどうにかしたい少女の物語。 終盤彼女の惚れっぽさの理由が判明してから先、ぱたぱたとドミノ倒しのように小気味よく物語が駆け抜けていく爽快感がすごい。前半にあった『主人公が天使という名称を使っていろんな人の恋愛成就の手助けをしている』『ヒロインに片思いする少年からの恋愛相談を受けて彼女の好きな相手を見極めようとして近づいた』『天使の行動の対価は貰っていない』という要素など、今まで出てきた様々な情報が最後のイベントに全部まとまって行くのが楽しい! あああの出来事、…
★★★★★

「境界線」地元民、めっちゃ楽しく読む

★★★★★NHK出版
ミステリー家族現代
映画化もした護られなかったものたちへの続編。護られなかったものたちへが東日本大震災を下敷きにしつつそこまでメインでは持ってきていなかったのが、今度の話ではかなり核の部分に持ってこられている。 物語としてはすごく面白かった。津波によって行方不明となった人は、もしかしたら帰ってこないだけでどこかで生きているかもしれない。そう願う人のもとへ『あなたの奥さんがこの場所で亡くなっていました』なんて連絡が来たら、どうして連絡をしなかった、生きていてくれたのか、なんで死んでしまったんだなどと様々な思いを抱きながらその場に向かうだろう。そして到着してまったくの別人の遺体があったら愕然とするだろう。描か…
★★★★☆

「棘の家」転がり転げて地獄へ一直線

★★★★☆KADOKAWA
いじめ家族現代
面白かった。 中山七里の小説ってラストのどんでん返しがデカく襲いかかるタイプの物語なのかなと思っていたし、実際この小説も『どんでん返しの帝王が~』という文章がアマゾンの紹介にあったからそういった類の物語なのかなと想像していたら全然違った。むしろ家族の裏の顔や、人間の感情を動かすタイプの物語だった。 無責任かつ簡単に掌返しする一般的な人間として出てきたネットの人々やマスコミの存在が面白かった。主人公の娘がいじめで飛び降りたものの、事なかれ主義の学校は詳しい調査もしないし、わかったことも教えてくれない。警察だって頼りにならない。そんな主人公たちのもとへと訪れたのはワイドショー的なマス…
★★★☆☆

「純白と黄金」どう面白がれば良いのかわからない

★★★☆☆MF文庫J
バトル両思い恋愛現代
タイトルからてっきりヤンキー物かな?と思って読んでみたら全然違うというか、なんともよくわからない話だった。どこぞでハイローっぽいみたいな話も見たんだけれどもあれともまたまったく別な話なんだよなあ。 主人公がめっちゃ強くて最強のヤンキーだった。わかる。自分の顔を知っている人のいないところで高校デビューをしたい。わかる。しかし偶然にも喧嘩に巻き込まれて強さがバレてしまう。わかる。その強さというのが謎のオーラを発したりなんだりでわかるやつ。わからん。 全ては、元気な現代ヤンキーバトル物だと思って読み始めたら、実際は現代風異能力バトル物だった、というのが原因だった。そもそものジャンル違い…
広告
タイトルとURLをコピーしました