★★★☆☆

★★★☆☆

SHERLOCKシーズン1ep1感想

★★★☆☆プライムビデオ
TwitterなどでSHERLOCKがアマプラ無料配信!と流れてきた。 詳しくは知らんけどよくTwitterで見るやつじゃん! 話題のやつだ! 話題に乗っかってみよう! ということで1話を見てみたのだけれども1話の時点でこれは若干合わないな? と思ったので現時点の感想をメモしておく。 結論から言えば1話は合わなかったって話だよ。 ちなみに見ているのは吹替版。理由としてはごくごく単純に字幕があるとそちらに目を取られて画面をほぼ見なくなるから。文字情報優先体質なんだわ。 そういえば今までであんまりシャーロック・ホームズ関連の作品って見たことがない。 無いよな?…
★★★☆☆

「「私と一緒に住むってどうかな?」1見た目ギャルな不器用美少女が俺と二人で暮らしたがる」はよ告白しろ

★★★☆☆HJ文庫
両片思い同級生幼馴染恋愛現代
はよ告白しろ。 両片思い状態の二人が、崩れそうな一軒家を使って自分たちの遊び場を作ろうぜ!という話。 あーーー読んでてまどろっこしい! さっさと告白しろ!! 主人公とヒロインの二人は周囲からバカップル認識されているが実際のところ付き合っていない。過去にヒロインが中学生になった頃、男子からは性的な目で見られ、女子からはそれでハブにされたからだ。主人公だけはヒロインをそういう目で見なかったために現在でも友人関係が続いている。 主人公としてはヒロインをそういう恋愛感情や性的感情がある目で見たらもう友情が崩れてしまうからいくら好きでもエロく見えても絶対それを言わないし我慢してい…
★★★☆☆

「身代わり花嫁の懺悔日記」主人公に甘い世界でのラブコメ

★★★☆☆ルルル文庫
ファンタジー両思い付き合ってる恋愛
この作者さんの本って他にも何冊か読んでるけど、絶対に主人公に甘い世界で、すごくひどい!と思うようなイベントがあんまり起きないので安心して読める印象がある。 ということで、これも違わず主人公に甘く、安心できるご都合主義の強い世界で主人公が溺愛されつつ勘違いで頑張るお話。 溺愛系そんな好きじゃないけど読んだ理由として、あらすじに入っている『夫になったウィロウ王子をだましているのが申し訳なさすぎて、ついつい、ウィロウが寝ている横で、こっそり懺悔してしまう日々がつづく。』の一文がある。 このシチュエーション大好きなんだよね、本人は聞いてないと思って惚気のような相手について思っているあれこれを…
★★★☆☆

「疎遠な幼馴染と異世界で結婚した夢を見たが、それから幼馴染の様子がおかしいんだが?」夢が繋がり数年ぶりにおしゃべりした幼馴染の話

★★★☆☆角川スニーカー文庫
幼馴染恋愛片思い現代
不思議な本を手に入れて、そこに書いてあるおまじないを実行したら見たい夢が見られるようになり、それで幼馴染とイチャイチャしたら幼馴染もおまじないの関係で同じ夢を見るようになり……という物語。 前半の話の内容としては、夢の中でイチャイチャしていたら……なんだけど、結構早いうちに幼馴染と夢を共有していることが幼馴染にもバレて、そこから二人できゃっきゃと夢の中で大冒険をしたりデートをしたりし始める。 からの終盤からは夢にまつわる出来事に襲われている幼馴染を救う話と物語が変化していく。 幼馴染が可愛かったなー。強気で勝ち気で冒険大好き。二人が疎遠になった理由もその年頃あるあるだなと…
★★★☆☆

「転生者の私に挑んでくる無謀で有望な少女の話 3」若干の肩透かしで物語終了

★★★☆☆ヒーロー文庫
ファンタジー前世幼馴染
うーん、1巻のどうやったって天才には凡人は勝てないの物語が好きだったので、今回の流れや話は若干肩透かしというか、絶望や救いがそっち行っちゃったかーという雰囲気で物語自体が終わってしまった。 今回の巻は転生というシステムが発生した原因と、400年前に転生の魔法を作り上げたものの魔女狩りで殺された少女がメイン。 とはいえ、カスミは前の巻から割と精神年齢高めかな?というのをレインのシーンで見せてきたのでなんとなくそうかな?とは思ってたからあまり違和感はないかも。どっちかっていうと口調混ざらないためのキャラ付けだろう謎関西弁?京都弁?を無理矢理な理由で説明してきたのにちょっと笑っちゃった。 …
★★★☆☆

「転生者の私に挑んでくる無謀で有望な少女の話 2」前世を覚えている人たちの日常

★★★☆☆ヒーロー文庫
前世家族
前の巻のようにめちゃくちゃしんどい状況ではなく、今度は前世を覚えている人たちの日常物語といった雰囲気。 割とマジで、1巻がしんどかった後なのでこのぐらいのふわっとした空気にかなりほっとしてしまった。いやあれもう一回やられたら辛いので……。 1巻のラストにも出た前世の記憶を持つ少年レイン、そして今回から新たに前世の記憶を持つ少女も追加。そして1巻のメインだったアーニャとジークの息子であるユキと、同級生夫婦の娘がメインめの物語。 とはいえ、今回もまた前世の記憶という下駄を履いても天才には勝てないって話なのがまた恐ろしいなと思ってしまった。 ピアノ教室に通う少女トゥーリは前世…
★★★☆☆

「和桜国のレディ ~淑女は一日にしてならず~」和風ファンタジー版マイ・フェア・レディ

★★★☆☆ビーズログ文庫
ファンタジー両思い年の差恋愛
うーん、自分的に処理にこまる話だな……。 まず前提として、「あんまり裕福な暮らしをしていない少女が、とある善意の人によって次第に淑女となっていく物語」は結構好きなんだよね。変化が大きい物語は好き。マイ・フェア・レディみたいなって言われるけどマイ・フェア・レディは見たことがないのでわからない。 ただ、この場合の最大条件として、保護者であるとある善意の人は恋愛対象にならないというのがあって、これがもろにそこにひっかかってしまう。レーベル的にもしょうがないだろとは思うんだけど、そこにとにかくうーん……となってしまった。 物語的にはおそらく大正時代+ファンタジーで和風マイ・フェア…
★★★☆☆

「青春ラブコメにゲームオーバーはありえない」

★★★☆☆ファミ通文庫
ネトゲ学園片思い現代
オフ会して一目惚れした相手を攻略しようとするが、ゲーム内と現実の自分の性別が違っていて、なおかつ幼馴染のキャラを自分だと名乗ってしまった男女幼馴染がドタバタするネトゲラブコメ。 ネトゲで出会ってオフ会する話が好きなので、そういう意味でもすごく好きだった。これはネトゲで出会って速攻オフ会してる。良い。 男女の幼馴染が仲良しっていいね!!! すごく好き。 たいていこういうのって幼馴染と一目惚れした相手の二人で主人公を奪い合いになりがちなんだけど、この話は最初っから幼馴染もオフ会相手の別の少年に一目惚れしているのでそういう展開にはならないってわかってるのもあって安心感がある。協…
★★★☆☆

「魔王は服の着方がわからない2」初心者向けからシチュエーション別ファッション指南へ

★★★☆☆ファンタジア文庫
ファッション三角関係学園現代魔王
シチュエーションごとの服装指南 前回はおしゃれの基本的なことだったのが、今回は複数シーンに合わせたおしゃれ着という方向へと情報追加した巻。 テーマになっているのはデート着・遊園地デート着・水着・浴衣・コミケと多種多様。 結構使い勝手は良さそうな説明が多いんだけど、私はドレスとカジュアルの違いが全然わからないので理解は挫折してされ竜の咒式説明パート読むぐらいの感覚で読んでた。それでも面白いからありがたいいんだけど。 ニットはカジュアルだと思っててんだけど目が詰まってればドレスとかわからねえ。モノクロがドレスという色合いしか信じられねえ。 そのあたり、分かる人は分かるんだろうけど私は…
★★★☆☆

「縫い上げ! 脱がして? 着せかえる!! 彼女が高校デビューに失敗して引きこもりと化したので、俺が青春をコーディネートすることに。」チョロヒロインを欲望のままに着せかえ人形にする

★★★☆☆電撃文庫
ファッション幼馴染現代
調子こいてるイキリ系だけど秒速で罠に引っかかるチョロヒロインを着せかえ人形にする物語。倫理は若干死んでいる。 あらすじやタイトルだけ見ると『高校デビュー失敗で引きこもり』とか出てくるわけだが、実際には学校に復帰させるわけでもなくチョロヒロインを欲望のままに着せ替え人形にしまくり好きな服を着せるのがメインのコメディで、全然シリアスはなかった。というか意図的に排除してるのかというぐらいに全力でコメディだった。ここまで来るとすごいよね……。 高校デビュー失敗した彼女を少しでも元気にしよう!という意思よりも、妹に兄離れされたせいで寂しい俺が気心しれた幼馴染幼女を使って好きな服を着てもらおう…
★★★☆☆

「准教授・高槻彰良の推察2 怪異は狭間に宿る」

★★★☆☆角川文庫
現代男性バディ
今回も連作短編集3作。えーーー、面白かった。主人公が嘘が聞き分けられなくなる話が好き。 嘘がわかる自分の耳を疎い、そのせいで孤独を選んだ青年が、いざ嘘がわからなくなったら困惑してしまい混乱してしまうのすっごい良かった。そりゃあね。今までどれだけ嫌がっていたとしても自分の通常能力だもんな。たとえば普通の人の腕が一本なくなったらうまく腕が動かなくて困るように、今まで自分にあったものがなくなったら不便だしどうやって動いたらいいかわからない。誰を疑ったらいいか、誰を信じたらいいのかすらわからなければそりゃあ世界は五里霧中だ。困惑するわ。いくら疎んで忌み嫌っていた能力であろうとも、主人公にずっと…
★★★☆☆

「准教授・高槻彰良の推察 民俗学かく語りき」身近な『怪異』探る、あやかし無し男性バディ物

★★★☆☆角川文庫
バディ現代
これはあやかしものじゃない! これはあやかしものじゃないです!!!! あやかし事件解決物が苦手なので避けてたけど読んでみたらあやかしではなく民俗学だった。人の嘘がわかる青年が怪異大好き准教授の手伝いで、准教授のサイトに寄せられた怪異と思われる事件の相談に乗る連作短編集。 こういう大学の授業受けられたらいいなーと思いながら読んでた。都市伝説や民俗学をメインに、生徒側も楽しめるような授業をしてくれる先生って良いね。楽しそう。授業の内容もちょっとネットで見る気になるネタ的な雰囲気で面白く、なおかつ語る准教授の口調も読んでて心地よいので授業としてすごく楽しそう。私も受けたい。 怪異…
広告
タイトルとURLをコピーしました