両思い

★★★☆☆

「ラブコメ漫画に入ってしまったので、推しの負けヒロインを全力で幸せにする」主人公からグイグイ行くタイプのラブコメだ!!

★★★☆☆角川スニーカー文庫
両思い付き合ってる学園恋愛現代異世界転移
タイトル通りの物語で、Wヒロイン物の漫画のなかに入ってしまった主人公が、Wヒロイン枠ですらない負け枠ヒロインにガチ恋してるので彼女にグイグイ行く話。なんとなく女性向けの悪役令嬢転生を思い出した。ポジション的にはそれにかなり近いものの、転生先は漫画の主人公の親友。元々原作でも自分と同姓同名のキャラクターになってるものの顔は漫画のキャラではなく自分、というパターン。 漫画内では負けヒロインとされる今作ヒロイン側も、主人公のあまりの熱量と勢いの告白に、もう初手で惚れちゃってる状態。お前はもうどう見ても勝ちヒロインだ。それでもなんとなく「保留で」としちゃってるからこそのもだもだというか…
★★★★☆

「転生魔王のジュリエット 2」両思い思春期青少年の欲求vs世界の滅亡

★★★★☆ファンタジア文庫
ファンタジーロミジュリ両思い付き合ってる恋愛
1巻はこちら 面白かったー!両思いだけれども二人がヤったら魔王が復活という立場+仲良くない組織に所属というロミジュリ状態カップルの物語。今回はヒロイン側の許嫁(ろくに会ったこともない)が登場。どうなることかと思いきや、そちらもそちらで身分違いで両思いの相手がおり……と恋愛面には問題ないハッピー仕様だった。三角関係など起きず二人はずっといちゃいちゃ、けれども二人の設定的には愛し合えないというポジションが葛藤あって好き。下手な三角関係が発生して二人の間がぎこちなくなっちゃうよりも、こういう二人の間のラブラブは変わりません!のほうが安心して読めるところがあるんだよね……。 …
★★★☆☆

「純白と黄金」どう面白がれば良いのかわからない

★★★☆☆MF文庫J
バトル両思い恋愛現代
タイトルからてっきりヤンキー物かな?と思って読んでみたら全然違うというか、なんともよくわからない話だった。どこぞでハイローっぽいみたいな話も見たんだけれどもあれともまたまったく別な話なんだよなあ。 主人公がめっちゃ強くて最強のヤンキーだった。わかる。自分の顔を知っている人のいないところで高校デビューをしたい。わかる。しかし偶然にも喧嘩に巻き込まれて強さがバレてしまう。わかる。その強さというのが謎のオーラを発したりなんだりでわかるやつ。わからん。 全ては、元気な現代ヤンキーバトル物だと思って読み始めたら、実際は現代風異能力バトル物だった、というのが原因だった。そもそものジャンル違い…
★★☆☆☆

「彼女にナイショの恋人ごっこ。」ひたすら彼女に不誠実

★★☆☆☆角川スニーカー文庫
ラブコメ三角関係両思い付き合ってる恋愛片思い現代
ほうれんそうという単語は主人公の中には存在しない。 彼女に対していい感じに彼氏っぽく振る舞えないからと、デート中を目撃していた女子高生にうまく言いくるめられて恋人ごっこをすることになる――というお話。 途中で女子高生がお金にがめつい理由がわかり、女子高生を助けたりなんだりしているうちにあれこれ問題が発生するんだけれども、それはそうとして主人公のなかに報告連絡相談は存在しない。 忙しい彼女とようやく予定を合わせてデートだ!→しかし雨の中濡れ鼠で歩いている女子高生を発見した!→女子高生を優先し、彼女には残業とウソを付く 濡れている女子高生に彼女へプレゼント予定だった傘を差し出し…
★★★★☆

「奥様は貴腐人 旦那様はボイスマイスター」仕事に矜持を持って働く二人の物語

★★★★☆講談社X文庫ホワイトハート
お仕事両思い恋愛腐女子
すっっごい面白かったーーーよかった!!! BL好きでMRの仕事やってる嫁と、あんまり売れてない声優の旦那。旦那のところにある日BLゲーの仕事が入って、から始まる物語。 てっきり嫁がBL好きなのがメインに出てくる話なのかなーって思ってたんだけど(それもあるけど)そうじゃなく、旦那がBL声優仕事があまりうまくいかず壁にあたってしまったとき、嫁が腐女子だからこそ旦那の問題点を指摘しするのがすごく良かった。 嫁自身かなり働いている人で、なんなら旦那を養って生きていくことすら出来るぐらいに稼いでいる。 それってつまりそれだけ仕事に打ち込んでいるし、実際に作中では曖昧な内容で商…
★★★★★

「『蟲愛づる姫君』シリーズ」美しく高貴で毒のありすぎるキャラクターたちの物語

★★★★★小学館文庫キャラブン
お仕事両思い偽装/政略結婚恋愛
わーーーーDMMで買ったのの1巻を読んだら残りも一気に読んでしまった。 蠱毒を行う蠱師である主人公が、敬愛する姉に嫁げと言われて嫁いだ先は辺境の蛮国。人当たりよく見せた旦那となる男は内部に毒を秘めた男だった。そんな彼との結婚生活は――みたいにざっくりおさめたいけどそういう話じゃないよな。出てくる人間全員頭がぶっ壊れてる。 この作者さんの本は幽霊伯爵の花嫁も読んだことがあるんだけど、とにかくキャラの癖が強い。 主人公は毒を愛して毒に愛される。膝に乗せるは芋虫で、頭に乗せるは毒蜘蛛で、故郷にいるときはその奇妙さと比例するような外見の美しさによって他の姉や周囲からはとにかく疎ましがられ…
★★☆☆☆

「ある幼なじみが結婚するまでの話」ただ虚無

★★☆☆☆漫画
両思い付き合ってる恋愛現代
びっくりするほど面白くなかった。おそらくはわたしがこういう話全く合わないというのもあるし、どこかで見た展開の繰り返しなのもあるかもしれない。 もとはツイッターで連載されていた漫画で、現在はpixivコミックでも連載中。 ある幼なじみが結婚するまでの話① pic.twitter.com/4BHwTlIi9J — 加藤マユミ@4/15カンペーコミックス発売 (@katomayumi) January 4, 2020 好き会っていた二人が、中学生になってなんとなく男女が別れて距離が遠くなったり親の都合で離れたり大学で再会したりといった話なんだけど、全く面白くなかった。どこを面…
★★★☆☆

「身代わり花嫁の懺悔日記」主人公に甘い世界でのラブコメ

★★★☆☆ルルル文庫
ファンタジー両思い付き合ってる恋愛
この作者さんの本って他にも何冊か読んでるけど、絶対に主人公に甘い世界で、すごくひどい!と思うようなイベントがあんまり起きないので安心して読める印象がある。 ということで、これも違わず主人公に甘く、安心できるご都合主義の強い世界で主人公が溺愛されつつ勘違いで頑張るお話。 溺愛系そんな好きじゃないけど読んだ理由として、あらすじに入っている『夫になったウィロウ王子をだましているのが申し訳なさすぎて、ついつい、ウィロウが寝ている横で、こっそり懺悔してしまう日々がつづく。』の一文がある。 このシチュエーション大好きなんだよね、本人は聞いてないと思って惚気のような相手について思っているあれこれを…
★★★☆☆

「和桜国のレディ ~淑女は一日にしてならず~」和風ファンタジー版マイ・フェア・レディ

★★★☆☆ビーズログ文庫
ファンタジー両思い年の差恋愛
うーん、自分的に処理にこまる話だな……。 まず前提として、「あんまり裕福な暮らしをしていない少女が、とある善意の人によって次第に淑女となっていく物語」は結構好きなんだよね。変化が大きい物語は好き。マイ・フェア・レディみたいなって言われるけどマイ・フェア・レディは見たことがないのでわからない。 ただ、この場合の最大条件として、保護者であるとある善意の人は恋愛対象にならないというのがあって、これがもろにそこにひっかかってしまう。レーベル的にもしょうがないだろとは思うんだけど、そこにとにかくうーん……となってしまった。 物語的にはおそらく大正時代+ファンタジーで和風マイ・フェア…
★★★★☆

「せきゆちゃん(嫁)」まってなにこれ何だこのカオス

★★★★☆ファンタジア文庫
両思い付き合ってる恋愛現代
ヒロインは興奮すると石油を出す油天使である。何を言っているか若干どころではなくわからないが、ヒロインは油天使である。彼女が金欠兄妹により発掘され、そして主人公である兄と結婚することとなり、彼が石油王となる物語……とでも言えばいいの!? ねえこれなんなの!?もうあらすじからして頭おかしいし、何言ってんのかめちゃくちゃだし、ちょいちょい出てくる油ギャグもなんなんこれって思うんだけど、でもラブコメだし熱いし最後はすっごく良かったし油……油ギャグってなんなんだろうな……。 「自分の匂いとか分からないんですが、私は油天使なので……ひょっとして、体内の石油の匂いがしたりするんじゃないかって、気にな…
★★☆☆☆

「幼馴染で婚約者なふたりが恋人をめざす話 1」設定は好きだけど文体が合わねえ

★★☆☆☆HJ文庫
両思い付き合ってる幼馴染恋愛現代
うーん、ノリきれなかった。 幼い頃から婚約者だったので一緒にいるのが通常で常日頃からべたべたしている二人が、今までのイチャつきはあまり異性として意識しているものではなかったのでちゃんと意識してイチャイチャしよう! と決めて頑張るお話。っていう話のあらすじや雰囲気、やってること自体はかなり好きなんだけど、文体がどうにも合わなかった。文体が合わないだけでこんなに読むの時間かかるんだなってぐらい合わなかった。 具体的に言うと、台詞にちょこちょこついてくる♪、複数人が喋る時に「「「(台詞)」」」で行われる会話、多い空行、地の文の『~~で。~~たり。て』みたいなのの繰り返し。ひとつ…
★★★★☆

「狂犬従者は愛されたい」突っ込み属性ヒロインが清々しくて強い

★★★★☆ソーニャ文庫
ファンタジー両思い主従年の差恋愛
いや全然狂犬じゃないじゃん。めっちゃ冷静に事をなしてるじゃん。愛の押し売りどんなんかと思ったら全然押し売りはできてないじゃん。定価で買ってもらってるようなタイプじゃん。 いやーーー面白かった。ヒロインがツッコミ属性で、腕力は高いが脳筋ではないという塩梅がすごく良かったし、ヒーローが昔っから虎視眈々と狙ってきたわんこなのが良かったし、終盤のどんでん返しというか驚かせと言うかそのあたりも全部良かった。すごい好きだなこれ。 「可愛い」「しばくわよ」「やめなさい、ばか! 嗅ぐな!」「いい匂いです」「訊いてないわよ!」「愛しています、ライネリア様」「愛は免罪符にはならないからね!?」 …
広告
タイトルとURLをコピーしました