現代

★★★★☆

「夜がどれほど暗くても」犯罪加害者を記事にしていた週刊雑誌副編集長、犯罪加害者遺族となる

★★★★☆ハルキ文庫
ミステリー現代
最近読んでる中山七里のノンシリーズ物(おそらく)。 犯罪系のネタや芸能人のスキャンダルをネタにしていた雑誌の副編集長が、自分の息子が殺人事件の加害者なおかつ死亡したことにより、本来は加害者に向くはずだったヘイトや取材なども全て向けられることとなる、という逆転構造のえぐさがめっちゃいい。 自分がやっていた立場だからこそカメラを向けてくるマスコミ連中がどういう意図でどういう絵面を取りたいのかもわかっていて、だからこそ腹立たしいし苛立つし、自分の無力さを実感する。この対比がすごい上手いのと、主人公が徐々に疲弊していく描写のさりげない旨さが相まってて読む手がとまらなかった。 どこ…
★★★★☆

「日本一の高校生魔術師、異世界奴隷少女をもらう 2」不快感なくやさしい距離感の物語

★★★★☆HJ文庫
主従現代
前の巻の感想はこっち。 とにかくやさしくて可愛くてあたたかいお話だった。 前回ノインを異世界に戻す戻さないなどいろいろあってからの今回の巻。 ノインの服を買いに行ってついでに恋愛映画を見たりというまるでカップルのような行動もしつつ、しかし明確に恋愛対象としては互いをまだ見ていない(けれども異性という存在として認識はしている)ぐらいの距離感の二人。 この距離感がすごくほのぼのしていて可愛い。 京介はノインのことを大事な家族+少女として見ているので、不意打ちの事故だので彼女の裸を見てしまったら相応に動揺するんだけど、同時に家族として愛しているので髪の毛を梳かすといった接触や頭を撫…
★★☆☆☆

「彼女にナイショの恋人ごっこ。」ひたすら彼女に不誠実

★★☆☆☆角川スニーカー文庫
ラブコメ三角関係両思い付き合ってる恋愛片思い現代
ほうれんそうという単語は主人公の中には存在しない。 彼女に対していい感じに彼氏っぽく振る舞えないからと、デート中を目撃していた女子高生にうまく言いくるめられて恋人ごっこをすることになる――というお話。 途中で女子高生がお金にがめつい理由がわかり、女子高生を助けたりなんだりしているうちにあれこれ問題が発生するんだけれども、それはそうとして主人公のなかに報告連絡相談は存在しない。 忙しい彼女とようやく予定を合わせてデートだ!→しかし雨の中濡れ鼠で歩いている女子高生を発見した!→女子高生を優先し、彼女には残業とウソを付く 濡れている女子高生に彼女へプレゼント予定だった傘を差し出し…
★★★★★

「次回作にご期待下さい」漫画編集部のドタバタミステリー

★★★★★角川文庫
お仕事ミステリー現代
面白かったー。漫画編集部を題材にしたお話で、ちょっとしたミステリーというか謎解き風味。いやほんと面白かった。 ギャグ漫画家なのにものすっごい後ろ向きな漫画家に打ち切りを伝えるエピソードは読んでてああああ……と。実際編集者って悪者にされがちだし、最近ガガガ文庫あたりだと顕著に編集者がツイッターアカウント作っているけれど、そうでもなければこういうことがありましたって発信出来ないものね。で、後ろ向きな漫画家にこういうの書かれたら編集者が悪いと思うファンも増えるだろう。 ……いや増える? この漫画家さんの場合はわかりやすくやべえ人なのでむしろ同情されるかもしれないけれど。 そういったゴタゴタ…
★★☆☆☆

「ある幼なじみが結婚するまでの話」ただ虚無

★★☆☆☆漫画
両思い付き合ってる恋愛現代
びっくりするほど面白くなかった。おそらくはわたしがこういう話全く合わないというのもあるし、どこかで見た展開の繰り返しなのもあるかもしれない。 もとはツイッターで連載されていた漫画で、現在はpixivコミックでも連載中。 ある幼なじみが結婚するまでの話① pic.twitter.com/4BHwTlIi9J — 加藤マユミ@4/15カンペーコミックス発売 (@katomayumi) January 4, 2020 好き会っていた二人が、中学生になってなんとなく男女が別れて距離が遠くなったり親の都合で離れたり大学で再会したりといった話なんだけど、全く面白くなかった。どこを面…
★★★★☆

「ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?3~時を超える愛~」人はいつしか大人になったふりをする

★★★★☆GA文庫
付き合ってる年の差恋愛現代
あーーー良い、年の差があるからこそ出来ること。 今回は各キャラの掘り下げ巻。行動がイケメンな男であるカナと強がり陰キャなウラへの軽い掘り下げというか。掘り下げというにはちょっと甘いけれども、各キャラがどうしてこうなったかに理由がある、という話。 からの、織原さんが大人だなって話につながるのうまかった。 TikTokなんてしたことのない彼女が全力でダンスして頑張るぜ! 27歳が高校生のなかに混ざっても浮かないように頑張るぜ! としていたけれど、結局のところ彼女は大人なんだよね。 TikTokを知らずに全力で正論じみた発言をしてしまう織原さんに笑ってしまった。 わかる…
★★☆☆☆

「いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。1」どっかで見たことあるようなネタ

★★☆☆☆HJ文庫
ツンデレ学園幼馴染恋愛片思い現代
どっかでこのネタ見たことない? この設定どっかで見たことない? と思うようなのばかりで楽しめなかった。 ところで最近は主人公がヒロインに対して恋愛的に有利なのはやりなのかな。壁が薄くてヒロインがホントは好きなのに~~~!って言ってるのが聞こえるとか思っていることが聞こえるとか、そういうのちらほら見るような気がする。体感だけど。相手が自分のことどう思ってるんだろっていうドキドキとか不安感とかほぼなしで進んでくのある。 これはヒロイン含む異性が何を考えているかわかるという設定で、なおかつヒロインは本心では主人公しゅきしゅき大好きと超大好きレベルで恋しちゃってる。 ついでにいうとお…
★★★☆☆

「「私と一緒に住むってどうかな?」1見た目ギャルな不器用美少女が俺と二人で暮らしたがる」はよ告白しろ

★★★☆☆HJ文庫
両片思い同級生幼馴染恋愛現代
はよ告白しろ。 両片思い状態の二人が、崩れそうな一軒家を使って自分たちの遊び場を作ろうぜ!という話。 あーーー読んでてまどろっこしい! さっさと告白しろ!! 主人公とヒロインの二人は周囲からバカップル認識されているが実際のところ付き合っていない。過去にヒロインが中学生になった頃、男子からは性的な目で見られ、女子からはそれでハブにされたからだ。主人公だけはヒロインをそういう目で見なかったために現在でも友人関係が続いている。 主人公としてはヒロインをそういう恋愛感情や性的感情がある目で見たらもう友情が崩れてしまうからいくら好きでもエロく見えても絶対それを言わないし我慢してい…
★★★★☆

「キミのこと黒歴史もまとめて……ぜーんぶ大好きだよ」コテハンありインターネットを生きた連中向けラブコメ

★★★★☆角川スニーカー文庫
オタク同級生学園恋愛片思い現代
これはあの頃のインターネットを生きた人間向けラブコメだ。 ^^を嵐と認識し、コテハンを嫌い、ニコ動で騒いだ人間向けラブコメだ。 これ、絶対中高生向けラノベじゃないだろ。20代後半~向けのラノベだろ。 前半は、ネットでは暴れん坊、現実ではろくに人と喋らない系ヒロインが、主人公がネゲットは嫌だと言ったためにネット人格を封印してなんとか好きになってもらう! そのためには主人公に協力してもらおう! と頑張る物語。 ネット人格がひどすぎて笑うしかない。ブロッコリーをぶっころロリータ、そんなコテハンいたら絶対に記憶に残るな……。ヒロインのなかではブロッコリー(略)は男性でネカマをしていたという…
★★☆☆☆

「このあと滅茶苦茶ラブコメした 本当はあなたのこと大好きだけど、絶対バレてるわけないよね!!」ヒロインが好みじゃないラブコメは読んでて辛い

★★☆☆☆角川スニーカー文庫
ラブコメ三角関係恋愛片思い現代
ヒロインはクールぶってるがポンコツ少女、外面はお嬢様だが主人公に見せる顔は下ネタ大好き少女、ついでにアホ天使(現在恋愛対象外)とキャラクターが強めなのが揃ってる。 ただ申し訳ないんだけど本当に全然合わなかった。 コメディモノのコメディ部分に突っ込みを入れるのって100tハンマーに「そんなもん使ったら死ぬだろ!」というぐらい無粋だとわかっているんだけど、ヒロイン2人のコメディ部分やアホ部分がひたすら合わなかった。 ラブコメってヒロインが可愛いもしくは主人公が好きじゃなきゃ、彼らの恋愛模様を応援しよう!みたいなことがあんまり思えないし、続きを読みたいとも即座に思えなくなる。キャラクター性…
★★★☆☆

「疎遠な幼馴染と異世界で結婚した夢を見たが、それから幼馴染の様子がおかしいんだが?」夢が繋がり数年ぶりにおしゃべりした幼馴染の話

★★★☆☆角川スニーカー文庫
幼馴染恋愛片思い現代
不思議な本を手に入れて、そこに書いてあるおまじないを実行したら見たい夢が見られるようになり、それで幼馴染とイチャイチャしたら幼馴染もおまじないの関係で同じ夢を見るようになり……という物語。 前半の話の内容としては、夢の中でイチャイチャしていたら……なんだけど、結構早いうちに幼馴染と夢を共有していることが幼馴染にもバレて、そこから二人できゃっきゃと夢の中で大冒険をしたりデートをしたりし始める。 からの終盤からは夢にまつわる出来事に襲われている幼馴染を救う話と物語が変化していく。 幼馴染が可愛かったなー。強気で勝ち気で冒険大好き。二人が疎遠になった理由もその年頃あるあるだなと…
★★★☆☆

「青春ラブコメにゲームオーバーはありえない」

★★★☆☆ファミ通文庫
ネトゲ学園片思い現代
オフ会して一目惚れした相手を攻略しようとするが、ゲーム内と現実の自分の性別が違っていて、なおかつ幼馴染のキャラを自分だと名乗ってしまった男女幼馴染がドタバタするネトゲラブコメ。 ネトゲで出会ってオフ会する話が好きなので、そういう意味でもすごく好きだった。これはネトゲで出会って速攻オフ会してる。良い。 男女の幼馴染が仲良しっていいね!!! すごく好き。 たいていこういうのって幼馴染と一目惚れした相手の二人で主人公を奪い合いになりがちなんだけど、この話は最初っから幼馴染もオフ会相手の別の少年に一目惚れしているのでそういう展開にはならないってわかってるのもあって安心感がある。協…
広告
タイトルとURLをコピーしました