ライト文芸

★★★☆☆

「御執事様の仰せのままに」

★★★☆☆メディアワークス文庫
現代
三度の飯より飯を作るのが好きだったんだ!?あらすじコピペしてて初めて知ったよ。親と暮らしている頃から作っているから作業として好きなんだろうなとは思えていたけれど、まさかそこまで好きとは思わなかったよ。 物語の出だしテンプレとしてはよくある、完全庶民派の主人公が実はさる富豪の血筋の人間で、突然上流階級に放り込まれたが主人公の庶民性は抜けないし、付き従う執事はそんな主人公の庶民性を歯がゆく思うという物語。うちの執事が言うことにはだのメイちゃんの執事だのの近い物語がぱっと思い浮かぶぐらいに一種の王道物語。 人の良い主人公は自分の出来る範囲でやろうとするが、高貴な人に今まで仕えてきた執事…
★★★★☆

「EAT 悪魔捜査顧問ティモシー・デイモン」そうだよこれだよバディの醍醐味

★★★★☆富士見L文庫
バディバトルファンタジー同居新人賞
そうだよこれだよバディの醍醐味。反発しあう二人が事件を通して次第に距離を縮めていき、相手への理解を深め、最終的には息が合った相棒となる。そうだよこれ。これだよバディの醍醐味は。そういう意味で100点満点、マジ最高の物語だった。 警察官であった主人公は、怪物じみたなにかに襲われて自分以外が全滅、自分も大怪我を負ってかろうじて回復した状況。そんな彼は当然、面倒を見ることを認めさせられたとは言え、人食いの怪物なんて全くもって認めようとしていない。最初のうちは自分が喰われるのではないかと警戒し怯えて銃を突きつけるときもあるし、彼の食事が人肉なので一緒に飯を食うのは拒否る時期もある。怪物…
★★★☆☆

「その色の帽子を取れ -Hackers’ Ulster Cycle-」評価難しいハッカー小説

★★★☆☆電撃の新文芸
ハッカー現代男同士の強感情
過去に親友であり失踪した今でも探している男の起こした犯罪をどうにか止めようとしたりその姉に懸想したりしている、周囲に変人しかいない主人公の物語。 ちなみに読んだ理由はこちらです。男同士の強感情が読みたかったんだ。 すげー評価にこまる話だな、というのが読後の第一印象。 青春アミーゴみたいな男二人が破滅して云々みたいな話。 物語は現代軸と過去軸がだいたい半々ぐらい?で、この過去話部分が、元々パソコンなんて興味なかった主人公が親友に出会いどのようにプログラミングやセキュリティ関連の事情を愛していくかという物語。 そして現代話が、失踪以後探していた親友も主人公もどのように変わ…
★★★★★

「『蟲愛づる姫君』シリーズ」美しく高貴で毒のありすぎるキャラクターたちの物語

★★★★★小学館文庫キャラブン
お仕事両思い偽装/政略結婚恋愛
わーーーーDMMで買ったのの1巻を読んだら残りも一気に読んでしまった。 蠱毒を行う蠱師である主人公が、敬愛する姉に嫁げと言われて嫁いだ先は辺境の蛮国。人当たりよく見せた旦那となる男は内部に毒を秘めた男だった。そんな彼との結婚生活は――みたいにざっくりおさめたいけどそういう話じゃないよな。出てくる人間全員頭がぶっ壊れてる。 この作者さんの本は幽霊伯爵の花嫁も読んだことがあるんだけど、とにかくキャラの癖が強い。 主人公は毒を愛して毒に愛される。膝に乗せるは芋虫で、頭に乗せるは毒蜘蛛で、故郷にいるときはその奇妙さと比例するような外見の美しさによって他の姉や周囲からはとにかく疎ましがられ…
★★★★☆

「マネートラップ 三流詐欺師と謎の御曹司」クロサギが好きな人には迷わずおすすめ

★★★★☆メディアワークス文庫
お仕事クライム現代男同士の強感情
詐欺師が詐欺師を騙す物語 三流詐欺師である主人公がある日イケメン御曹司に脅されやらされたのは、とある詐欺師から金を奪い返すこと。うまく奪い返せた主人公へ、脅した張本人である御曹司は、詐欺師から金を奪い返す会社の社員になれという。そんなものやりたくないが金がないなどの理由でついつい御曹司の仕事を何度も引き受けてしまう主人公の物語。 詐欺師が詐欺師を騙すですぐに出てくるって言ったらクロサギ。 映画 クロサギposted with カエレバ楽天市場Amazon この物語では、拝金主義者の詐欺師と財閥御曹司がバディを組んで、人を騙した詐欺師から金を奪い取る。 詐欺師の種…
★★★☆☆

「不良少年と彼女の関係 (2)」誰かのために疾走する青臭い物語

★★★☆☆メディアワークス文庫
お仕事主従学園家族現代
ネタバレ起承転結 起承転結 起  ある日、朱乃が文化祭のクラスリーダーに抜擢される。苦手なポジションだが周囲からの期待もあり引き受ける朱乃。そんな彼女を口喧嘩のようなやり取りをしつつも見守る拳児。 そんな中、普段ほとんど帰宅しない朱乃の父親が会議のために帰国するという。 承  文化祭のために頑張る朱乃。今年から自分の家の金をつぎ込んでのイベントは禁止され自分たちの手でと決められ、財力をつぎ込んだ喫茶店をやろうとしていたクラスの面々は意気消沈。自分たちがケーキを作ることなど出来ないと諦めかけるが、朱乃が自分でケーキを作ってみせ、なおかつ彼女たちを自宅へと呼び、シェフに作り方を教えさせ美…
「オイディプスの檻 犯罪心理分析班 (富士見L文庫)      佐藤 青南」★★★☆☆

「オイディプスの檻 犯罪心理分析班 (富士見L文庫) 佐藤 青南」

★★★☆☆富士見L文庫
お仕事上司部下現代
サイコパスと発達障害とサイコパスとともに事件解決 キャラが濃ゆいな! 主人公である警察官がとある女性失踪事件でペアを組まされたのはプロファイラーの男。しかし彼は余計なことを言うやら人の心がわからないやら大変な難物。更に彼と関係があると思われるハッカーなどが現れて、主人公の周囲がどんどんカオスになっていく。 関係者事情聴取の際にプロファイラーがあんまりにも余計なことを言い過ぎて、こいつ今までどうやって生きてきたんだろう?とちょっとイライラしてたんだけど、中盤で発達障害だと言われてやっとなんとなく納得した。 小説だと空気の読めない奇人変人がいたるところから湧いてくるけれど…
「ある小説家をめぐる一冊 (富士見L文庫)      栗原 ちひろ」★★★★☆

「ある小説家をめぐる一冊 (富士見L文庫) 栗原 ちひろ」

★★★★☆富士見L文庫
お仕事現代
本に引きずられる物語 本当に面白かった。どこが面白いって明確に言えないの感想ブログとしてどうかと思うんだけど、うまくいえないけど面白かった。この感覚自体が作中で主人公である編集者が体験したものとよく似ている。物語自体はある程度予想がつくものかもしれない。作家が自分の殻を破るというオチも、中盤になれば想像の範囲内に浮かび上がってくる。でもその途中の雰囲気や物語の匂い、感覚、その全てが物語へと引きずり込んでくる。読み始めたら勝手に時間が過ぎていく。作家の本を手に取り読みだしたときの主人公のように。そんな、主人公である編集者の感覚を、本を読んでる自分こそが体験してるような感覚がとてつもなく面…
「完璧主義男に迫られています (富士見L文庫)      桜川 ヒロ」★★☆☆☆

「完璧主義男に迫られています (富士見L文庫) 桜川 ヒロ」

★★☆☆☆富士見L文庫
お仕事上司部下恋愛片思い現代
完璧主義男と干物女 部屋は汚いひどい状態、オフのときはろくな格好をしてない主人公へある日告白してきたのは、完璧超人と名高い上司で、というところから始まるお話。最初から最後までベタベタの王道なので、そういったものが読みたい気分の人にはおすすめ。逆にジェットコースターなお話が読みたい人にはあんまり勧められないかも。最初から最後までだいたい予想通りで過ぎていく。 私はあんまりにもベタにベタを重ねた状態でちょっと辟易してしまった。 なんで完璧主義男が主人公に惚れたかわからない 主人公は、少なくとも外面は良い。仕事の最中はキリッとしていて頼れる上司で、周囲からは女帝呼ばわりもさ…
★★★★☆

「半翼の逃亡者 (富士見L文庫) 永野 水貴」

★★★★☆富士見L文庫
お仕事ファンタジーミステリー
目が覚めたら、目の前には死体があった。 めちゃくちゃおもしろかったー!こういう話大好き。目の前に死体があることから始まる真相探しの話。ミステリーというには読者側に対する証拠の提示が甘いというか少なすぎるけれども、それでも一体誰が犯人なのかと物語を追いかけていくのはものすごく面白かった。 ミステリーものといえばホームズとワトソンのバディだけれど、この話において主人公のアシスタントをするのは死んだはずの彼の幽霊。自分の死ぬ直前の記憶がない彼とともに真実を探る流れが面白かった。犯人探しものにおいて、ありがちかもしれないけれども「自分が最重要容疑者」「追われる立場」「○日後までに真犯人を…
広告
タイトルとURLをコピーしました