Thumbnail of post image 024

★★★★☆,KADOKAWAいじめ,家族,現代

面白かった。 中山七里の小説ってラストのどんでん返しがデカく襲いかかるタイプの物語なのかなと思っていたし、実際この小説も『どんでん返しの帝王が~』という文章がアマゾンの紹介にあったからそういった類の物語なのかなと想像していたら全然違った。むしろ家族の裏の顔や、人間の感情を動かすタ ...
Thumbnail of post image 059

★★★★☆,KADOKAWAファンタジー,恋愛,片思い,男同士の強感情,異世界転移

一種のこちらの技術で俺TSUEEEEEEEEEEではあるんだけれど、スキルが経理と社畜というのがなんともまあ。そして異世界に来て一番喜んでる内容がヒロ○ンならぬ完全に疲労が抜けるお薬というのもまたなんとも。筋肉痛が翌日出ればましなほうと思っているあたりが非常になんとも……なんとも ...
Thumbnail of post image 122

★★★★★,KADOKAWA学園,実写化,恋愛,現代,腐女子

好きなものって何なのか  ものすごく雑に紹介するなら「腐女子とゲイの少年の恋愛青春小説」になるのだと思う。下手に取り扱ったら大やけどしそうな話だけれども、どうしようもないぐらい読んでるこっちの精神が痛い真面目な小説だった。 読んでいる最中、延々と主人公とこっちの精神に小さく傷をつ ...