ガガガ文庫

★★★☆☆

「負けヒロインが多すぎる!」

★★★☆☆ガガガ文庫
学園幼馴染恋愛新人賞片思い現代
様々な負けヒロインたちの様子が、あーーつら!となって多種多様に切ないカワイイ。恋愛小説で成立するカップルが存在するならば、そのどちらかに片思いしている誰かは当然ながら失恋する。よくある当て馬キャラだってもしかしたらチャラいだけの邪魔なキャラじゃなくガチめの片思いをしていたかもしれない。成立する恋愛の横ではこんなん起きてるよな、というのが確かに~!と思えた。 ちなみにこの負けヒロインは主人公に対する負けヒロインではなく、それぞれ別に片思い相手がおり、別の女にかっさらわれている。 出てくる負けヒロインは、幼なじみだからこそその背中を押してしまったヒロイン、幼なじみで一番そばに…
★★☆☆☆

「憂鬱なヴィランズ」本当にハッピーエンドを求めてたか?

★★☆☆☆ガガガ文庫
バトル学園現代
こんな人におすすめ 現代異能バトルが読みたい人 本当にハッピーエンドを求めてるのか? 個人的にはあんまりおもしろくないかなあといった感想。 理由として、とあるキャラクターが「物語をハッピーエンドにしようとしている」と言いながらも、読みながら「それは本当にハッピーエンドにしようとしていたか?」と思っちゃう箇所が度々出てくるから。例えば、物語の悪役キャラクターの力を借りる絵本は、返却期限が過ぎたらその悪役に取り憑かれ、暴走してしまう。いやいやいや、ハッピーエンド求めてるならもうちょっと早く出張るとかない? もしくは人の心が読めるんだとしたら悪化する前に止めるとかあるだろう?最…
★★☆☆☆

「むしめづる姫宮さん (ガガガ文庫)」手代木 正太郎

★★☆☆☆ガガガ文庫
学園幼馴染怪異現代
作家買いとしてはハズレ 読み終えてからひたすら「これじゃねえ!!!!!」と叫んでた。 個人的に手代木正太郎作品はかなり好きな方だった。魔法医師の診療記録も全巻読んだし(ディストピア小説になった巻はびっくりした)、柳生浪句剣もそこそこツボ。王子降臨は3巻を待ってるぐらいに好き。今紙は減らしているので紙本は読めてないけど多分近々買うと思う。 でもこの小説は、なんとも言い難い。 まずあらすじの担当変種からのおすすめ情報にある通り 『王子降臨』『魔法医師の診療記録』からがらりと印象を変え、頭身大の少年少女たちの姿を描ききった本作。 全くこの言葉の通りで、いつもどこ…
★★★★☆

宇宙へ”飛ばせた”者の物語「月とライカと吸血姫 3」牧野 圭祐

★★★★☆ガガガ文庫
お仕事ファンタジー吸血鬼時代物
あらすじ 宙と青春の物語、連合王国編始動! ――これは人類史に残る偉大なる一歩。連合王国に、その礎を築いた若き二人がいた。 人類史上初をかけた有人宇宙飛行計画で、共和国に惨敗した連合王国。劣勢に立たされた王国議会は、途方もない計画を宣言する。 「我々は、人類を月面へ送り込み、帰還させることを約束する!」 王国南部の宇宙開発都市<ライカ・クレセント>の研究所では、同時にとあるプロジェクトが進んでいた。アーナック・ワン――それは『民族融和と科学技術大国推進』を打ち出し、汚名を払拭するための広報プロジェクトだった。 新人技術者のバート・ファイフィールドは、連合王国初の宇宙飛行士アーロ…
★★★☆☆

レフ、ずっとイリナのことばっか考えてるね「月とライカと吸血姫 2 (ガガガ文庫) 」牧野 圭祐

★★★☆☆ガガガ文庫
お仕事ファンタジー吸血鬼時代物
あらすじ 高度百キロメートルの宙から君を想う。 『ノスフェラトゥ計画』の一件を評価されたレフ・レプス中尉は、晴れて念願の宇宙飛行士候補生に復帰する運びとなった。それに合わせて吸血鬼の少女イリナ・ルミネスクを監視する任務からも解かれることになる。昼を生きるレフと夜を生きるイリナ。ふたりは同じ基地内でもすれ違ってしまう、そんな生活が続いていた。 イリナの様子を気にかけつつも、レフは自身の夢を叶えるために「人類史上初」をかけた宇宙飛行士選抜試験に挑み、優秀なライバル達と鎬を削る。 その一方で、不穏な空気がイリナの周りを包もうとしていた。 「実験体が帰還したようです」 「……もう用済みだろう。…
★★★☆☆

自分はなにかできたんじゃないかと思う男の物語「デスペラード ブルース (ガガガ文庫)」江波 光則

★★★☆☆ガガガ文庫
戦闘現代裏社会
主人公になりそこねた男の物語 殺人空手を身に着けているからこそ、『家族が皆殺害されたとき、自分があそこにいればなにか出来たのではないか』と思っていた男の物語。こういった鬱屈した主人公の話書かせると江波光則は強いなーという印象。淡々とした言葉が重なって描かれる心理描写が強い。 女の風俗は女の切り売り、男の工事現場の仕事は人生の切り売り。切り売りできる時間の違いはあるが、やっていることとしては同じようなことなのでは? というあたりも面白いなと思うし読まされた。人生の切り売りのほうが長くできるが、女の切り売りとどう違うんだろうね。 そして『なにか出来たのではないか』が後半になり目…
★★★★★

友人キャラは大変ですか? (ガガガ文庫)伊達 康

★★★★★ガガガ文庫
モブ学園現代
そうだ彼こそが絶対無敵の「モブ」「友人キャラ」  面白かったー! 徹底して自分を「友人キャラ」であろうとし、主人公の引き立て役として過ごそうとする少年の物語。  主人公の友人キャラであるために! といろいろ頑張る主人公・一郎の行動が前半はひたすら面白い。 友人キャラのために主人公である龍牙の癒やしを担当し、彼を気にしている女子のスリーサイズを調べては教え、日常シーン担当のため戦闘には絶対に関わらず、なぜか突然学校を飛び出していってもそういうものだとして流すなどなど、「友人キャラ」であるためにいろいろ気付いてしまっても気付かないふりをして徹底して友人であろうとする一郎が面白すぎる。…
★★★★★

GランDKとダーティ・フェスタ (ガガガ文庫)秀章

★★★★★ガガガ文庫
学園現代
バカノリハイテンポ男子高生物語  うおーなにこれおもしれえ。読みながらもうノリが馬鹿でめちゃくちゃ笑った。こういう会話が面白くノリ良くテンポよく書ける作者さんて良い。ノリよくテンポよく、高校生ぐらいの時期の超お馬鹿な会話が書かれてて最高。 こういうのって先生はまともなのかなと思いきや、初っ端から校長・教頭含めてどうしようもない馬鹿で楽しすぎる。こういうの弱い。ダメ。  主人公(と愉快な仲間たち)の、ミスコンでどうやったら優勝できるか? 会議がほんとアホでなおかつ面白すぎてだめ。 【Q、人気アイドルに必要な要素は何か?  A、容姿、パフォーマンス力、バックボーン】(中略)【バ…
広告
タイトルとURLをコピーしました