富士見L文庫

「オイディプスの檻 犯罪心理分析班 (富士見L文庫)      佐藤 青南」★★★☆☆

「オイディプスの檻 犯罪心理分析班 (富士見L文庫) 佐藤 青南」

★★★☆☆富士見L文庫
お仕事上司部下現代
サイコパスと発達障害とサイコパスとともに事件解決 キャラが濃ゆいな! 主人公である警察官がとある女性失踪事件でペアを組まされたのはプロファイラーの男。しかし彼は余計なことを言うやら人の心がわからないやら大変な難物。更に彼と関係があると思われるハッカーなどが現れて、主人公の周囲がどんどんカオスになっていく。 関係者事情聴取の際にプロファイラーがあんまりにも余計なことを言い過ぎて、こいつ今までどうやって生きてきたんだろう?とちょっとイライラしてたんだけど、中盤で発達障害だと言われてやっとなんとなく納得した。 小説だと空気の読めない奇人変人がいたるところから湧いてくるけれど…
「ある小説家をめぐる一冊 (富士見L文庫)      栗原 ちひろ」★★★★☆

「ある小説家をめぐる一冊 (富士見L文庫) 栗原 ちひろ」

★★★★☆富士見L文庫
お仕事現代
本に引きずられる物語 本当に面白かった。どこが面白いって明確に言えないの感想ブログとしてどうかと思うんだけど、うまくいえないけど面白かった。この感覚自体が作中で主人公である編集者が体験したものとよく似ている。物語自体はある程度予想がつくものかもしれない。作家が自分の殻を破るというオチも、中盤になれば想像の範囲内に浮かび上がってくる。でもその途中の雰囲気や物語の匂い、感覚、その全てが物語へと引きずり込んでくる。読み始めたら勝手に時間が過ぎていく。作家の本を手に取り読みだしたときの主人公のように。そんな、主人公である編集者の感覚を、本を読んでる自分こそが体験してるような感覚がとてつもなく面…
「完璧主義男に迫られています (富士見L文庫)      桜川 ヒロ」★★☆☆☆

「完璧主義男に迫られています (富士見L文庫) 桜川 ヒロ」

★★☆☆☆富士見L文庫
お仕事上司部下恋愛片思い現代
完璧主義男と干物女 部屋は汚いひどい状態、オフのときはろくな格好をしてない主人公へある日告白してきたのは、完璧超人と名高い上司で、というところから始まるお話。最初から最後までベタベタの王道なので、そういったものが読みたい気分の人にはおすすめ。逆にジェットコースターなお話が読みたい人にはあんまり勧められないかも。最初から最後までだいたい予想通りで過ぎていく。 私はあんまりにもベタにベタを重ねた状態でちょっと辟易してしまった。 なんで完璧主義男が主人公に惚れたかわからない 主人公は、少なくとも外面は良い。仕事の最中はキリッとしていて頼れる上司で、周囲からは女帝呼ばわりもさ…
★★★★☆

「半翼の逃亡者 (富士見L文庫) 永野 水貴」

★★★★☆富士見L文庫
お仕事ファンタジーミステリー
目が覚めたら、目の前には死体があった。 めちゃくちゃおもしろかったー!こういう話大好き。目の前に死体があることから始まる真相探しの話。ミステリーというには読者側に対する証拠の提示が甘いというか少なすぎるけれども、それでも一体誰が犯人なのかと物語を追いかけていくのはものすごく面白かった。 ミステリーものといえばホームズとワトソンのバディだけれど、この話において主人公のアシスタントをするのは死んだはずの彼の幽霊。自分の死ぬ直前の記憶がない彼とともに真実を探る流れが面白かった。犯人探しものにおいて、ありがちかもしれないけれども「自分が最重要容疑者」「追われる立場」「○日後までに真犯人を…
「千年茶師の茶房録 小梳神社より願いを込めて (富士見L文庫)」道具小路★★☆☆☆

「千年茶師の茶房録 小梳神社より願いを込めて (富士見L文庫)」道具小路

★★☆☆☆富士見L文庫
現代
「アドカレ! 戸山大学広告代理店の挑戦 (富士見L文庫) 」森 晶麿★★★☆☆

「アドカレ! 戸山大学広告代理店の挑戦 (富士見L文庫) 」森 晶麿

★★★☆☆富士見L文庫
お仕事現代
あらすじ 名コピーライターだった亡き父と同じ道を目指す私は、父の母校戸山大学に入学した。意気揚々と広告概論を受講するも、中身は期待外れ、広告研究サークルは言わずもがな…。そんなとき、目に飛び込んできた学生だけの広告代理店“アド・カレッジ”の求人看板。訪れた私に、バードと名乗る代表取締役はいきなり採用試験を言い渡した。 「豆腐屋のキャッチコピーを提案すること、期限は三日」 豆腐屋では強面の店主が待ち構えていて…?広告業界希望者必見の青春物語 『広告』が目的とするもの コピーライター見習いの主人公が最初に手を付けたのは強面の店主のいる豆腐屋。そこで主人公はコピーの作…
★★★★☆

洋食屋じゃぽんの料理帖 ソップからはじまるフル・コウス (富士見L文庫)

★★★★☆富士見L文庫
お仕事料理時代物
感想 面白かったー! テンプレ的なあらすじにしてしまえば「認められていない主人公が相棒の助言を得ながらも周囲の人々に認められていく話」でいいのかな。割とよくあるテンプレながら、同時に王道だから愛されるタイプのお話。そして料理モノ、最近多いよね。いや昔っから多いんだけど最近更に増えてきた気がするというか。あっちを見てもこっちを見ても、どこのレーベルでもお料理モノがある気がする。料理モノって描写の上手い下手があるんだけど、この話はめちゃめちゃによかった。食べ物自体の描写が美味しそうというわけじゃなく(それもそこそこは美味しそうなんだけど)、それ以上に食べている人が美味しそうですごく良…
★★★☆☆

週刊雑誌編集者は酸いも甘いも噛み分ける「エディター! 編集ガールの取材手帖 (富士見L文庫)」上倉 えり

★★★☆☆富士見L文庫
お仕事現代
エディター! 編集ガールの取材手帖 posted with ヨメレバ 上倉 えり/煙楽 KADOKAWA 2017年07月15日 楽天ブックス Amazon 図書館 あらすじ アイドルのゴシップに、未解決の通り魔事件―伝説的スクープを連発してきた『週刊永冬』編集部。そこに配属された新米社員の上原岬を待っていたのは、過酷でゲスな激務だった!腹黒上司の広瀬とともに、夜な夜な有名人のプライベートを追いかける毎日。処理にダメ出しされまくり、メンヘラ作家をなだめすかして、連日徹夜で校了作業…さらには、アイドルグループHDB48の特大スキャンダルが編集部に暗雲をもたらして―!?辛くて…
広告
タイトルとURLをコピーしました