Thumbnail of post image 001

★★★☆☆,富士見L文庫あやかし,家族,現代

面白かったー! 前世が酒呑童子と茨木童子の高校生二人が、浅草であやかしと共存している物語。姉さんっぷり発揮してあやかしに力を貸してしまう真紀も、真紀にそういうのあまりするなと言いつつも結局巻き込まれている馨も、そんな二人を微笑ましく見守っている由里もみんな可愛かった。 真紀と馨の ...
Thumbnail of post image 015

★★★☆☆,富士見L文庫お仕事,幼馴染,現代

うーん、読後感がすごい微妙だったんだけれども、これはわたしが予想した物語のオチとは違うところに話が行ったからだと思う。要するにnot for meだった。小説って読むときに『失恋したばかりの主人公がこのキャラと出会うことで徐々に恋をしていく恋愛ものになるんだろう』『将来何をしたい ...
Thumbnail of post image 003

★★★★☆,富士見L文庫お仕事,バディ,ファンタジー,吸血鬼,家族,男性バディ,疑似家族

おもしろ! 前にバディものとしてめっちゃおもしろいなと思ったEATの作者さんの小説で、微妙にキャラクターも一部共通。とはいってもよくスピンオフにある「あーこのキャラ別作品にもいそう」くらいのものなので、前作を知らなくとも覚えて無くとも読みやすかった。今回はバディというよりも疑似家 ...
Thumbnail of post image 141

★★★★★,富士見L文庫お仕事,バディ,兄妹,料理,片思い,現代,男性バディ

主人公・ときわが作る料理がめっちゃ美味しそう 陸上部で髪も短くどこからどう見ても体育会系! という雰囲気のときわが、実際は少女漫画を愛していて自宅に帰れば丁寧に料理をする家庭的で可愛い女子高生というギャップが可愛かった。 出てくる料理がいちいち美味しそうなんだよ。 「キノコのバタ ...
Thumbnail of post image 022

★★★★☆,富士見L文庫バトル,ファンタジー,同居,新人賞,男性バディ

そうだよこれだよバディの醍醐味。反発しあう二人が事件を通して次第に距離を縮めていき、相手への理解を深め、最終的には息が合った相棒となる。そうだよこれ。これだよバディの醍醐味は。そういう意味で100点満点、マジ最高の物語だった。 警察官であった主人公は、怪物じみたなにかに襲われて自 ...
「オイディプスの檻 犯罪心理分析班 (富士見L文庫)      佐藤 青南」

★★★☆☆,富士見L文庫お仕事,上司部下,現代

サイコパスと発達障害とサイコパスとともに事件解決 キャラが濃ゆいな! 主人公である警察官がとある女性失踪事件でペアを組まされたのはプロファイラーの男。しかし彼は余計なことを言うやら人の心がわからないやら大変な難物。更に彼と関係があると思われるハッカーなどが現れて、主人公の周囲がど ...
「ある小説家をめぐる一冊 (富士見L文庫)      栗原 ちひろ」

★★★★☆,富士見L文庫お仕事,現代

本に引きずられる物語 本当に面白かった。どこが面白いって明確に言えないの感想ブログとしてどうかと思うんだけど、うまくいえないけど面白かった。この感覚自体が作中で主人公である編集者が体験したものとよく似ている。物語自体はある程度予想がつくものかもしれない。作家が自分の殻を破るという ...
「完璧主義男に迫られています (富士見L文庫)      桜川 ヒロ」

★★☆☆☆,富士見L文庫お仕事,上司部下,恋愛,片思い,現代

完璧主義男と干物女 部屋は汚いひどい状態、オフのときはろくな格好をしてない主人公へある日告白してきたのは、完璧超人と名高い上司で、というところから始まるお話。最初から最後までベタベタの王道なので、そういったものが読みたい気分の人にはおすすめ。逆にジェットコースターなお話が読みたい ...
Thumbnail of post image 089

★★★★☆,富士見L文庫お仕事,ファンタジー,ミステリー

目が覚めたら、目の前には死体があった。 めちゃくちゃおもしろかったー!こういう話大好き。目の前に死体があることから始まる真相探しの話。ミステリーというには読者側に対する証拠の提示が甘いというか少なすぎるけれども、それでも一体誰が犯人なのかと物語を追いかけていくのはものすごく面白か ...
「アドカレ! 戸山大学広告代理店の挑戦 (富士見L文庫) 」森 晶麿

★★★☆☆,富士見L文庫お仕事,現代

あらすじ 名コピーライターだった亡き父と同じ道を目指す私は、父の母校戸山大学に入学した。意気揚々と広告概論を受講するも、中身は期待外れ、広告研究サークルは言わずもがな…。そんなとき、目に飛び込んできた学生だけの広告代理店“アド・カレッジ”の求人看板。訪れた私に、バードと名乗る代表 ...