後宮

★★★★☆

「宮廷女官ミョンファ 太陽宮の影と運命の王妃」ヒーローは遅れてやってくる(そして到着が遅くてヒロイン怪我する)

★★★★☆ビーンズ文庫
ファンタジー後宮恋愛片思い
こんな人におすすめ 仕事を頑張るヒロインが好きヒロインがやられかけると必ずヒーローがやってくる!……という展開が気に食わない人自力で身を挺しても頑張る主人公が好きな人ヒーローに対してツンデレというわけではないがあたりが強くてポンポン会話するタイプのヒロインが好きな人 面白かったー!後宮モノ、の割に後宮内のドロドロは少なく、どちらかというとお仕事部分でのドロドロやカーストひっくり返り要素のほうが強いかな?そういう部分も含めて面白かった。 到着が遅いヒーロー 個人的にこれめっちゃポイント高かった。 ヒロインが危険に突っ込んでいく→「きゃー!」→怪我をする寸前にヒーローが…
★★★★☆

「革命は恋のはじまりシリーズ」個々人が自らの立場を理解した上でより良い道を選ぶ物語

★★★★☆
ファンタジー三角関係両片思い後宮恋愛
それぞれの立場を理解した物語 これで読んだ後に全巻読みきったので感想。 主人公が最初から最後まで自らの立場(後宮で囲われていた女として他人からどう見られるか、現在立ち位置だと周囲からどう思われるか、大統領の息子と結ばれる女として後宮の女というのはふさわしくないと周囲から思われる)を理解した上で動いているのがひたすらに良かった。適当に周囲の人間が「でもあなたはあなたという人だから」といった逃げ口上を口にせず、好きな相手の両親やそれ以外の第三者含めた人間へ引け目を感じず隣に建てる人間になるために動く主人公、好感が持てる。また、彼女を自信を持って紹介できるように自分の立ち位…
★★★★☆

「革命は恋のはじまり ~え? 後宮解散ですか!?~ 」自我がしっかりした主人公による政略モノ

★★★★☆ビーズログ文庫
ファンタジー両片思い後宮恋愛
あらすじから期待してなかったけどめっちゃ面白い 正直、本当にあらすじでは全く期待してなかった。そもそもあらすじが「ドンカン元(?)寵姫とカタブツ少尉のじれっ恋!どん底からはじまる革命ラブ」のあたりで完全に好みとは外れるんだけどなんとなく表紙が良さげで読み始めたらびっくりするほど面白かった。 とにかく冒頭からして面白い。 「ありがとう、頼むわよ。九つの私を奴隷商人に売ったようなひどい親だけど、きれいに生んでくれたことだけは感謝しているの」「その意気ですわ、ナクシュデル様。大丈夫、自身をお持ちください。美しさに加えて、楽器も吟詠も読み書きの教養も優秀。とりわけ夜伽の作法にかんし…
★★★★☆

烏に単は似合わない 八咫烏シリーズ 1 (文春文庫) 阿部 智里

★★★★☆文春文庫
ファンタジーミステリー後宮
こんな人におすすめ 読み終えてから「嘘だろ!?」と言いたい人ファンタジーが読みたい人後宮の女同士バトルが読みたい人 壮大なるファンタジーの幕開け 後宮バトルというジャンルがある、と個人的に勝手に思ってる。後宮という狭い場所で、王の訪れを待ち、女同士でさりげないバトルを繰り広げる。外の世界で起きる戦争などとは方向性の違うバトルだが、それもまたバトルだ。 この物語は、東西南北それぞれの大貴族から遣わされた姫君四人のなかから、次代の王である若宮の后が誰になるかを争う後宮バトルである、――と思わされた。 ウッソだろこれ。完全に方向違いじゃねえか。読み終わってから完全に唖然と…
★★★☆☆

盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ (双葉文庫) 小早川 真寛

★★★☆☆双葉文庫
お仕事ミステリー三角関係後宮恋愛時代物片思い
盲目の機織り宮女の安楽椅子探偵物 主人公は後宮の機織り宮女。村で受け継がれた秘伝の方法でとても素晴らしい帯を織る盲目の少女。そんな彼女のもとへある日お付きの侍女が持ち込んだのは、あかずの扉の前に幽霊が出るという話だった――から始まる物語。 見えないが故に耳の良い彼女は、様々な『音』を頼りに推理を行う。例えばそれは人の足音だったり、衣擦れの音だったり、誰かの会話だったり。あまり分厚くない250pという分量に小さな事件が大量に詰め込まれているタイプの連作短編集。 個人的にはちょっとうーん……。面白い場所と面白くない場所がかなり真っ二つに別れた話だった。具体的には 事件もの…
「武姫の後宮物語2 (カドカワBOOKS)      筧千里」★★★★☆

「武姫の後宮物語2 (カドカワBOOKS) 筧千里」

★★★★☆カドカワBOOKS
ファンタジー主従偽装/政略結婚後宮恋愛
かわいい(厄介な)弟子が3人増えたぞ! ひょんなことからかわいい(厄介な)弟子が3人増えた主人公。前の巻のラストで《星天姫》マリエルがヅカ的な方向性で主人公に心臓打ち抜かれていたのでなんとなく察していたものの、残りの2人は完全に予想外だったなあ。 熊とも猪ともつかない凶相の将軍に惚れてるフランがめちゃくちゃにかわいい。殿下のお通りに対してひたすら他の男の話をし続けるその胆力や、相手にふさわしい人間になろうと自らを鍛えるメンタル。どれもこれもが強い。強すぎる。恋する乙女は強い。彼女の友人たる少女もそれに呆れつつ付き合ってるから本当に良い子なんだろうな。 こういう話ってツッコミ…
「武姫の後宮物語 (カドカワBOOKS)      筧千里」★★★★☆

「武姫の後宮物語 (カドカワBOOKS) 筧千里」

★★★★☆カドカワBOOKS
ファンタジー主従偽装/政略結婚後宮恋愛
残念脳筋令嬢が必死で猫の皮を被って後宮へ 令嬢というより武将という方が正しいようなそんな肉体派主人公が、過去の悪法により後宮にあげられ女の園でどうやってやっていけば良いのだ……と焦ったところ、そんなお前こそを待っていた、武力としてのお前を待っていたのだという殿下とうまいこと意気投合してやばい出来事を乗り越えていく物語。趣味は筋トレ、基本は脳に筋肉が詰まっており難しいことはわからない、口がまともに回るのは戦いについてのみ、後宮に来るにはとうがたった28歳武力派という主人公の圧倒的キャラが強くめちゃめちゃに面白かった。 主人公を知る人たちから一貫して「こいつは馬鹿」「こいつは脳筋」「…
広告
タイトルとURLをコピーしました