「娘じゃなくて私が好きなの!? (電撃文庫) 望 公太」男性向けと女性向けの共存ハイブリッド

★★★★★

あらすじ

「この子は、私が引き取って育てます」
 私、歌枕綾子、3ピー歳。亡くなった姉夫婦の娘を引き取ってから早十年。高校生になった娘は、最近は幼馴染みの男の子、左沢巧くんといい感じ。もしかしたら付き合っちゃうかも? タッくんはとってもいい子だし、私は大賛成ね。
 え? 彼が私に話があるって、まさか『娘さんを僕にください』的な話なの?
 やだもう、ちょっと気が早すぎ—— 
「綾子ママ……俺、ずっとあなたが好きでした。俺と付き合ってください」
「……娘じゃなくて私(ママ)が好きなの!?」
 隣の男の子が惚れていたのは、娘じゃなくて私だった!? 嘘でしょぉお!?
 姉の娘を育ててきた女性と、そんな彼女に片思いをしていた少年。長年の想いが爆発する超純愛ラブコメ、開幕!

このポストは約 4 分で読めます。

男性向けと女性向けって共存するんだな……

こんな……男性向けの熟したちょっとえっちなお姉さんに性の目覚めさせられる話と、女性向けというかレディコミ系の年下の男の子から一途にグイグイ慕われちゃう話が両方共存するところ見せられるなんてありえないじゃん!?

主人公はアラサーで一児の母。死んだ姉夫妻の忘れ形見である女の子を自分の娘として十年間育てている。
娘の幼馴染である隣家の少年は、今年で二十歳。娘の家庭教師をしてくれ、学校に送れないように朝呼びに来てくれる。
二人はとってもいい関係だしお付き合いしないのかなーと見ていたが、幼馴染少年の誕生日に一緒にお酒を飲んでいたら「あなたが好きです」と告白されて!?――というお話。

いやー……ここまで書いてたらレディコミかと思うんだけど、そうじゃないのがめちゃくちゃすごくて……というか望公太作品の年上彼女モノ、年上だからじゃないなにかがあるからすごいよね。いや年カノしかまだちゃんと読めてないですが。

幼馴染少年が主人公に惚れた理由としては、両親が死んで誰もが押し付け合う少女を引き取ることを決めたその気高さ。お荷物とされる少女を、まだ新卒で貯金もろくにない女性が引き取ると決めた強さ。
他の誰ももたない気高さに心を奪われた、というなんかもーーーーすごい……こんなシチュエーション出されたら、はい!すきになるよね!としか言えない。

でもそれだけじゃなくて、雨の日に幼馴染少年がずぶ濡れになってたところを見つけてくれて一緒にお風呂に入ってつま先から頭のてっぺんまで(当然全部)現れちゃって事故でおっぱいぱふぱふまで食らっているという男性向けフックもきっちり入っているのがすげえ……すげえよな……。しかも当時はまだ小学生の少年なので主人公は全く意識せずそういうことをやっていたという……。すげえな、男性向けおねショタエロ漫画か?
気高さ&エロ漫画要素のハイブリッド。そりゃ好きにもなるわ。

そういうところは男性向けエロ漫画だな!おう!と思っちゃったんだけど、同時にこれ主人公視点になると一瞬で中身が女性向け漫画になるからすごい。
年下の男の子に好き好き言われているけれども、でも年の差もあるから身を引きたい、だから彼から嫌ってもらいたいけど彼はそれでも好き好き言ってきて、って完全にそういうやつじゃん!

前にも思ったんだけど、望公太先生作品て女子視点も男子視点もあ゛あ゛~~~~~~好き~~~~~~となるんだよね……なんなんだこれ。好き。好き。
完全に女性向けと男性向けのハイブリッド。間の子。マリアージュ。すごい。すき。

年上彼女の憂鬱

ツボったのは、自分を全力でアラサーだから! アラサーの女だから! と繰り返すあたり。
うん……わかるよ……30前後になるとな、どうしてもそうなるよな……。これは呪いだとかなんだとかツイッターで見るんだけど、わかるよ、そう思っちゃうんだよな。そういう逃げを打ってしまうんだよな、どうしても。

シャワー浴びている最中に幼馴染少年が訪れた。娘は現在外出中。
以前はタオル一枚で彼を出迎えて「おばちゃんの裸なんて興味ないでしょ~」とやった。
だが現在は告白された後だ。このまま出ていいものか。でも前と下手に行動を変えるほうが意識してるみたいでなんか嫌!
ということでタオル一枚で出る主人公、あまりに……あまりになんというか……好き……。

年下に好きって言われて動揺しているとこ見せたくないだろうし、恋愛対象と思っていると思われたらその時点で自分が浮かれているみたいで嫌だし年齢差があるのがきついのは自分こそがわかっているし彼の未来のためもあるしと思ってしまうの、なんというか、今現在自分が主人公と年代が近いからこそわかるんだよね。
相手の未来とか考えちゃうだろうな、わかるよ、わかるとなってしまう。
すでに外堀はほぼ全て埋められていたので外堀に落ちてもらうことは出来ないわけだけど(笑)。

そんでもって、この作者作品だとほぼ間違いなくラストで逃げずにきちんと向き合ってもらえるあたりがすごく読んでて清々しい気分になる。そういう信頼がある。

年上ヒロイン

って、珍しいよね。年下ヒロインと比べてすごく珍しい。
男のほうが年上っていうのは結構あるのに(なんなら10歳ぐらい上だって探せばあるだろう、27とJKみたいに)、ヒロインのほうが10近く年上、アラサーっていうのは珍しいだろう。

多分このあたりは女は大人になると母か魔女しかポジションがないという少し前に見たツイートのように、ポジショニングの問題だろう。格好いい女キャラは母か魔女。格好いい男性キャラはいるのに。

こういうとこ深堀りしたいわけじゃないからあんま言わないけど、30代ヒロインがライトノベルにも出る、いいよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました