「いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。1」どっかで見たことあるようなネタ

★★☆☆☆

あらすじ

《今日こそ、こうちゃんに告白するんだから!》
特にモテる訳でもない男子高校生・二武幸太(にたけこうた)に、いきなり聞こえてきた声。
それは、いつも彼にそっけない態度をとる幼なじみ・夢見ヶ崎綾乃の心の声だった!
綾乃が自分にベタ惚れなんて全く知らなかった幸太だが――。
《本当はこうちゃんの方から話しかけてほしかった……。》
いきなり筒抜けになった綾乃の片想いに彼女を意識しだす幸太。
しかしそこで「心の声」の意外な副作用が見つかって――!?

このポストは約 2 分で読めます。

どっかでこのネタ見たことない? この設定どっかで見たことない? と思うようなのばかりで楽しめなかった。
ところで最近は主人公がヒロインに対して恋愛的に有利なのはやりなのかな。壁が薄くてヒロインがホントは好きなのに~~~!って言ってるのが聞こえるとか思っていることが聞こえるとか、そういうのちらほら見るような気がする。体感だけど。相手が自分のことどう思ってるんだろっていうドキドキとか不安感とかほぼなしで進んでくのある。

 

これはヒロイン含む異性が何を考えているかわかるという設定で、なおかつヒロインは本心では主人公しゅきしゅき大好きと超大好きレベルで恋しちゃってる。
ついでにいうとおそらく今後ヒロインになりそうな男装している子もいるし、男装ヒロインのそばにいるために教師として潜伏しているメイド(男装ヒロイン溺愛で隠し撮り写真を所持し唾液のついたポテトを持ち帰るレベル)もいる。
なんというか、全体的にどっかで見たことがあるよなーと思うものが多くて楽しめなかった。

王道も楽しいっちゃ楽しいんだけど、既視感の繰り返しばかりで、次はこうくるんだろうなっって思ったのの予想が片っ端から当たるのでうーんどうにも。男装ヒロインなんて出てきた瞬間にお前絶対女だろと思うレベルだからね。

終盤のクライマックスも個人的には全然乗れないし、教師の脅し方が雑だしで面白くなかった。

これは私の期待の仕方が違ってたのが悪いんだけど、バレバレって周囲含めてみんなわかるぐらいわかりやすいデレっぷりを見せていると思ってたのに、実際のところはただ主人公が異性の心が読める能力を得たからバレてしまったっていう状況じゃん。
そのあたりも求めていたものと違った。単純にnot for meだっただけなんだけど。

 

Amazonや読書メーターでの評価は良いので完全にただのnot for meなのはわかるんだけど、私は面白くなかった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました