「純白と黄金」どう面白がれば良いのかわからない

★★★☆☆

あらすじ

ようこそ喧嘩都市へ。ここは思い出と約束の無法地帯。

《純白の悪魔》それは最強と称された少年の異名。
ヤンキーの聖地・東北で100人の敵を叩き潰した後でさえも彼のシャツには、返り血一つ存在しなかった。
数多の伝説と偉業によりその名は全国に轟き、遠くない未来に全てのヤンキーが彼の舎弟になるだろうと囁かれていたが……

ある日、彼は姿を消した。

時は流れ、ヤンキー全盛時代。
東京最大の喧嘩都市・猫丘区では第二の《純白の悪魔》を生み出すため、六つの高校が参戦する盛大な喧嘩が始まろうとしていた。
そんな狂騒の最中、一人のオタクの少年が猫丘区に降り立った。

名を安室レンジ。

かつて圧倒的な力で東北の頂点に君臨し、ヤンキーを引退した《純白の悪魔》だった――。

このポストは約 2 分で読めます。

タイトルからてっきりヤンキー物かな?と思って読んでみたら全然違うというか、なんともよくわからない話だった。
どこぞでハイローっぽいみたいな話も見たんだけれどもあれともまたまったく別な話なんだよなあ。

主人公がめっちゃ強くて最強のヤンキーだった。わかる。
自分の顔を知っている人のいないところで高校デビューをしたい。わかる。
しかし偶然にも喧嘩に巻き込まれて強さがバレてしまう。わかる。
その強さというのが謎のオーラを発したりなんだりでわかるやつ。わからん。

全ては、元気な現代ヤンキーバトル物だと思って読み始めたら、実際は現代風異能力バトル物だった、というのが原因だった。そもそものジャンル違いだった。
なので、強いヤンキー達は謎のオーラを放つし、岩も拳で砕くのだった。そっかぁ……。
ヤンキーというのはほぼ異能力者なので、低空飛行をしているヘリに向かってスマホをぶん投げて窓をぶっ壊し乗っている人が手に持っているマイクをぶっ壊し操縦者の顎も揺らして脳震盪を狙えるのであった。そうはならんやろがい。

有名になりすぎた主人公が自分の顔を知らない人の多い場所へ移動して気軽なスローライフを送りたいという物語ではあるものの、現代喧嘩物だと思い込んで読んだらまったく別カテゴリ話だったために精神の持っていきどころを完全に間違えてしまった。スローライフをしようとしたが強さ故にいろんな事件に巻き込まれてしまうと表現するとかなり最近の王道なのにね。

ヤンキーだけれども実はオタクな主人公が、他のヤンキー同士の喧嘩を見てテンションを上げているのはまあなんとなくギリギリ理解できた。

全体的に文章力も低くてあんまり引っ張って行けてるとも感じられなかったし、設定もめちゃくちゃだし、ヒロインもうーん……だったので刺さる話ではなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました