私がヒロインだけど、その役は譲ります (ビーズログ文庫アリス) 増田 みりん

★★★☆☆

あらすじ

『大っ嫌いな少女漫画のヒロインになんて、なりたくない!!』

ヒロインと恋に落ちるはずの、学園の王子・東條昴。
幼なじみである昴のことが好きなライバルキャラ・美咲。
美咲のことが好きだけど、諦めたいと思っている蓮見。
そして、少女漫画のヒロイン・凛花に転生した私は――
『大っ嫌いなヒロインみたいな恋愛はしたくない!!』

こうなったら昴とのフラグを回避して、美咲様と昴をくっつけよう
……と思ったら、なぜか蓮見に協力しろと脅された!
しかもいつの間にか漫画と同じ状況になっていて!?

このポストは約 4 分で読めます。

読んでた漫画の嫌いなキャラに転生してしまった……

嫌いなキャラに転生ってしんどいな!

主人公が転生したのは、好きで読んでいた漫画の嫌いなキャラ、ヒロイン。メインヒーローとサブヒーローの間であっちが好きかもこっちが好きかもとどっちつかずの態度をしていたヒロインが嫌いだったものの、悪役令嬢ポジションで出てきた少女が好きだからと読んでいた主人公。
死んで気がついたらヒロインになっていたが、悪役令嬢とメインヒーローをくっつけてやるぜ!と頑張るお話。

主人公が漫画のヒロインちゃんが嫌いな理由として「どっちつかずであっちも好きこっちも好きしてるキャラは嫌」と言ってるんだけど、これがわかる~~~~!
あっちもこっちも良い顔をしてどっちつかずのキャラクターって本当に読んでいてイライラするので、主人公がそう言い切ってくれるのがいっそ清々しかった。

だからこそ、一途にメインヒーローを思い慕っている悪役令嬢ポジションのキャラに肩入れするというのもわかるし、彼女にメインヒーローとくっついてほしいというのもわかる。推せる。
漫画の中だとメインヒーローはヒロインに会った瞬間に一目惚れする。そのため、ひたすらメインヒーローから逃げ惑う生活を送る主人公。でも陰ながらメインヒーローと悪役令嬢の姿を覗き尊がっている主人公。この主人公、推せる。

そんな行動をする主人公に疑問を抱いたのは、メインヒーローの親友たるサブヒーロー。彼が怪しげな行動をする主人公を問い詰めることから物語が動き出す。

二人の関係は最初は脅迫から始まるんだけど、そこから徐々にゆっくりとだけど信頼を得て距離が近づいていくのが良かった。
悪役令嬢とメインヒーローのお茶を二人で見守ったり、悪役令嬢とメインヒーローの映画デートを見守るために二人で一緒にお出かけしたりとちょっとした行動を繰り返して徐々に近づいていくのが本当に可愛い。
最初は悪役令嬢に片思いしていたが諦めていたサブヒーローが、主人公とのやり取りを通して次第に主人公に心をうつして告白する流れが心温まった。

ただ、主人公が2人の間をフラフラすることがないとはいえ、ひたすら鈍感なのがなあ……。お約束なのはわかっているのだけれども、周囲の人間は全員気付いていて主人公だけ気付いていないのは、どんな本でも読んでて馬鹿なのかなと思ってしまう。

(漫画内の)メインヒーローがとにかくヤバい(悪い意味で)

小説においてのメインヒーローではなく、元となった漫画のメインヒーロー(このブログ基本的に続き物以外キャラ名をあまり出さないようにしているためこの表記となるが読みづらいな)がやばい。ひたすらやばい。

主人公に一目惚れ←わかる
サブヒーローが主人公が好きなのを理解しつつ主人公に粉かける←まあわかる
婚約者がいる状態で主人公に粉かけてる←わからない
主人公に「私はあなたと婚約者の関係を応援している」的なことを言われても主人公に粉かける←わからない
婚約者(悪役令嬢)に命の危機が迫ったら一気に主人公から婚約者に心変わりする←かるすぎない!?

最後! 最後ひどくない!?
ずっと婚約者はメインヒーローが好きで、それを理解しながら主人公に好き好きアピールしてたのに、一度振っておきながら彼女に危機が迫ったら一瞬で心変わりってなにそれ!? ありえない……ありえないわ……。
扱いが雑。ひたすら雑。メインのカップルがくっつくための当て馬として存在し、ある程度やることが終わったら穏便に退場してもらうためにそこにいる女とくっつけるって雑にも程がある。本当に扱いが酷い。ひたすらひどい。なんとかしてくれ。

メインのカップルは好きなんだけど、この王子周りがひたすら納得できないし扱いが雑すぎてうーん……となってしまって、ここだけどうしてもハマれなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました