「御執事様の仰せのままに」

★★★☆☆

あらすじ

ど庶民主人と完璧執事の主従逆転タッグが送る上流階級デビュッタント物語!

三度の飯より飯を作るのが好きな貧乏大学生・葛木新はある日突然、日本有数の名家の跡取り候補になってしまう。
彼に仕えることになった美貌の執事・進藤御行は、主人より百倍主人らしく、そして自分だけでなく主人にまで完璧を求める超完璧主義の『御執事様』だった。いまいち足並みの揃わない凸凹主従は、当主代理として社交界デビューに挑むことになるのだが――。
マイ・フェア・レディならぬマイ・フェア・ロード。ど庶民主人は果たして理想の主人となれるのか……!?

このポストは約 3 分で読めます。

三度の飯より飯を作るのが好きだったんだ!?あらすじコピペしてて初めて知ったよ。親と暮らしている頃から作っているから作業として好きなんだろうなとは思えていたけれど、まさかそこまで好きとは思わなかったよ。

物語の出だしテンプレとしてはよくある、完全庶民派の主人公が実はさる富豪の血筋の人間で、突然上流階級に放り込まれたが主人公の庶民性は抜けないし、付き従う執事はそんな主人公の庶民性を歯がゆく思うという物語。
うちの執事が言うことにはだのメイちゃんの執事だのの近い物語がぱっと思い浮かぶぐらいに一種の王道物語。

人の良い主人公は自分の出来る範囲でやろうとするが、高貴な人に今まで仕えてきた執事としてはそれらのやり方は気に食わない。けれども執事は侍るものであり主人に文句をつける立場ではないという思いから、主人公のあれこれに文句をつけることが出来ず、一人鬱屈ためたりもやもやしたりし続ける。
執事が主人公の不満点について上司に愚痴るシーンを読んでて、いやそれ本人に一回はっきり言えよ!!と思ったものの、執事的には主人が求めていないのに自分が言うのは駄目らしい。面倒くさいな執事。
なんだかんだで主人公が執事へ「もやってることや気になることがあったらちゃんと言って欲しい」と伝えてから少しだけスムーズに意思疎通が出来るようになって良かった。

この『執事は主人へ口答えしては行けないし求められていないことを行ってはいけない』、いやーーーだとしても主人公が庶民出身なのは知ってるだろうからちゃんと言えよ!と思ったものの、読みすすめるうち、最終的に執事ももともと高貴なお家の出身ということがわかる。
それが出てきて、ああそれじゃあしょうがないなと思ってしまった。執事は徹頭徹尾、庶民としての感覚を知らない。だからこそ主人公にどう伝えていいか本当に心の底から全くわからないし、主人公が高貴な人らしい行動をしないのがマジのマジでわかんないんだな。

物語としてはまだまだ序盤だし、主人公にサンタコスプレでこっそりクリスマスプレゼントを送っていたり、いつか孫と一緒に暮らす日を夢見て家に洋服を買い込んでいたちょっとやばいお祖父ちゃんとはまだ顔を合わせていない。まだまだ続きそうな設定だなと思った。
しかし、物語としてはどこに行くんだろうな。主人公の成長譚にするのか主君と執事の絆の物語にするのか全く読めない。最終的な感想は『高貴な人々の行動こっわ』『人間こっわ』で終わってしまった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました