「わたし以外とのラブコメは許さないんだからね」付き合ってから始まる物語

★★★☆☆

あらすじ

 冷たい態度に負けずアプローチを続けて一年、晴れて想い人に振り向いてもらえた俺。クラスの誰をも寄せ付けようとしなかった孤高の美人、有坂ヨルカと彼氏彼女の関係になったのだ! しかもあれだけツンケンしていたくせに、本当は俺のことが大好きだったらしい!
「わたしの方が好きに決まっているのに、それが伝わってない気がする」
 え、このカワイイ存在ヤバくない? 強気なくせに恋愛防御力0な彼女にイチャコラ欲求はもう限界! だけど人前でベタベタするのは禁止? さらに秘密の両想いなのに恋敵まで現れて……?
 恋人から始まるラブコメ爆誕!

このポストは約 3 分で読めます。

こんな人におすすめ
  • 二人がイチャイチャイチャイチャイチャイチャしてるところを見たい人
  • 告白するまでの流れよりお付き合いしている二人が見たい人
  • 孤高の美少女が俺の彼女で俺にだけ可愛いのを見たい人

孤高の美少女とお付き合いすることになった主人公。互いにベタぼれ状態、でも学校では内緒、なのにちょっとずつ二人の様子からバレてるけどもそれも気付かず二人はイチャイチャイチャイチャ……という物語。

 

基本的に、ツンめでクールめ、でも主人公大好きなヒロインが、主人公の攻め攻めの行動に照れたり照れたり言い返したり照れたりしているのを愛でるお話だった。二人がひたすらイチャイチャイチャイチャイチャイチャしていて可愛いんだわ。
既にお付き合いしている二人がイチャイチャ仲良しベタベタしている蜜月ターンを読みたい人には超おすすめ。
逆に言うと、おつきあいするに至る流れとか、二人の片思い期間などはほとんど描かれないので、恋の駆け引きやじれったい流れが見たい人にはあんまり合わないかも。

格差カップルモノと思わせて、主人公もコミュ力高くて人当たり良く周囲からの信頼があるので全然格差カップル感ないんだよね。
二人がもしかして付き合ってる? と言われたときに周囲から格差カップルって言われているけれども、体育祭で大活躍し、クラス委員でもあり、クラスの空気をうまく左右も出来る男ってたしかに顔が平凡でもコミュ力的にはめちゃめちゃ強者。

 瀬名希墨は特に取り柄も特徴もない、平凡な男子なのだ。
 一度で、決定的に、物事を変えられるほど力のある人間じゃない。

と本人は言っているけれども、教室を飛び出していったヒロインを連れ戻してきたときに怒られそうな雰囲気を一瞬で笑いに変えたように、その場に応じた対応をし、空気を変えるだけの力がある。むしろやろうとすればうまくやれたんじゃないのかな? と思った。

むしろリアルだったら可愛いのにコミュ障なヒロインのほうがスクールカースト低そう。ラノベ補正があるので外見が良い部分でカースト地位が上ないしカースト外になってるけど、実際だったらぼっちの陰キャ扱いされているポジション。
実際互いに俺達付き合ってまーすって発表したこの後、面倒なことになるのはヒロインの側っぽそうな印象がある。

個人的には最後の最後で出てきた三角関係が気になったな。
今までヒロイン的には友達だと思っていた子は、実は主人公に片思いしていて振られた後だった。でも友達でいたいと頼んで友達のままでいた子だった。
これってこの友人ポジだと相当きついよなー。というか主人公……ヒロインの世話役をこの友人に頼んでるけどお前に人の心はないのか……いや友達のままでいるからこそ一番頼めるとおもった相手にヒロインの世話役頼んだのかもしれないが、普通に考えてこの子めっちゃ辛いだろ……人の心はないのか……。

タイトル回収としてはこの部分いいんだけど、それ以上に絶妙に引っかかってしまった。
なんか世界が二人にとって都合いいなーというか。小説だから当然かもしんないんだけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました