Thumbnail of post image 137

★★★☆☆,ビーズログ文庫お仕事,デレデレ,ファンタジー,主従,恋愛,溺愛,片思い

タイトルから溺愛系かと思いきや、中盤までは対立している物語で良かった……と言おうとしたらいきなり惚れたのでびっくりした。どちらかというとわたしは対立している二人が理解し合って徐々に距離を詰めていくのが好きなので、いきなりばっと落ちるのはあまり刺さらないのでそのあたりが合わなかった ...
Thumbnail of post image 031

★★★☆☆,HJ文庫ざまぁ,チート,ハーレム,ファンタジー,主従,女騎士,家族,恋愛,新人賞

すっごい微妙な本だった。主人公が好みなのに、ハーレム要員の女キャラが全く好みじゃないときって困るな。 主人公、山賊に攫われたのが男でも女でも等しく助けてくれたんだろうなって思えるあたりや、獣人だったら男だろうと女だろうと庇おうとしてくれるだろうなってあたりがすごく好き。ただ女キャ ...
Thumbnail of post image 155

★★★★☆,ビーズログ文庫お仕事,ファンタジー,両片思い,主従,偽装/政略結婚,幼馴染,恋愛,新人賞,片思い

キャラクターの立場がそれぞれあるのが面白い 政権争い部分は上皇が言えばなんとかなる的なふわっと感はありつつも、話として緊迫感はあるし、この人はこの立場、この人はこの立場とわかりやすいながらも立場的にその人敵対しちゃうの~~~!?みたいなのもガンガン出てきて面白かった。 特に女装皇 ...
Thumbnail of post image 056

★★★★☆,角川文庫ファンタジー,ミステリー,主従,新人賞

めちゃくちゃおもしろかった!!冒頭から霊が視えるという能力持ち主人公の追放モノと思わせて、かなり正統派に証拠を揃えての推理ものになっていくのがもうめっちゃ面白かった。ファンタジー部分も推理の要素の一部分でしか無く、物事を一気に解決する必殺技に使われるわけでもないのが面白かった。 ...
Thumbnail of post image 100

★★★★☆,HJ文庫ファンタジー,両片思い,主従,幼馴染,恋愛,戦記物,戦闘,新人賞,身分差

面白かったー!主人公が策士タイプ故に指揮官として他人をうまく動かすキャラなのが好き。新人賞らしいけどかなり面白くね?と思ったらもともとスニーカー文庫で出してた作者さんなのか。なろうとかじゃなくて普通にデカ目のレーベルから出してたのに別の賞で出直すっていうのも不思議な感じだな。 策 ...
Thumbnail of post image 036

★★★☆☆,HJ文庫TSF,ファンタジー,主従

百合かと思ったらTSF タイトルだけ見て聖女と姫だから百合だーーーー!!! と思ったらもともとは男だった。あらすじ見たらそう書いてあったわ。 内容としてはかなりタイトル通り、もともとは最強ランクの剣聖であった主人公が死にかけで謎の神様っぽいなにかの力で何故か逆行し、しかも何故か時 ...
Thumbnail of post image 059

★★★★☆,HJ文庫主従,現代

前の巻の感想はこっち。 とにかくやさしくて可愛くてあたたかいお話だった。 前回ノインを異世界に戻す戻さないなどいろいろあってからの今回の巻。 ノインの服を買いに行ってついでに恋愛映画を見たりというまるでカップルのような行動もしつつ、しかし明確に恋愛対象としては互いをまだ見ていない ...
Thumbnail of post image 007

★★★★☆,ソーニャ文庫ファンタジー,両思い,主従,年の差,恋愛

いや全然狂犬じゃないじゃん。めっちゃ冷静に事をなしてるじゃん。愛の押し売りどんなんかと思ったら全然押し売りはできてないじゃん。定価で買ってもらってるようなタイプじゃん。 いやーーー面白かった。ヒロインがツッコミ属性で、腕力は高いが脳筋ではないという塩梅がすごく良かったし、ヒーロー ...
Thumbnail of post image 080

★★★☆☆,メディアワークス文庫お仕事,主従,学園,家族,現代

ネタバレ起承転結 起承転結 起  ある日、朱乃が文化祭のクラスリーダーに抜擢される。苦手なポジションだが周囲からの期待もあり引き受ける朱乃。そんな彼女を口喧嘩のようなやり取りをしつつも見守る拳児。 そんな中、普段ほとんど帰宅しない朱乃の父親が会議のために帰国するという。 承  文 ...
「武姫の後宮物語2 (カドカワBOOKS)      筧千里」

★★★★☆,カドカワBOOKSファンタジー,主従,偽装/政略結婚,後宮,恋愛

かわいい(厄介な)弟子が3人増えたぞ! ひょんなことからかわいい(厄介な)弟子が3人増えた主人公。前の巻のラストで《星天姫》マリエルがヅカ的な方向性で主人公に心臓打ち抜かれていたのでなんとなく察していたものの、残りの2人は完全に予想外だったなあ。 熊とも猪ともつかない凶相の将軍に ...
「武姫の後宮物語 (カドカワBOOKS)      筧千里」

★★★★☆,カドカワBOOKSファンタジー,主従,偽装/政略結婚,後宮,恋愛

残念脳筋令嬢が必死で猫の皮を被って後宮へ 令嬢というより武将という方が正しいようなそんな肉体派主人公が、過去の悪法により後宮にあげられ女の園でどうやってやっていけば良いのだ……と焦ったところ、そんなお前こそを待っていた、武力としてのお前を待っていたのだという殿下とうまいこと意気投 ...
「うちのお嬢様が破滅エンドしかない悪役令嬢のようなので俺が救済したいと思います。 (カドカワBOOKS)      古森 きり」

★★★★☆,カドカワBOOKS主従,悪役令嬢,異世界転生

笑い下手な少女を、親戚のお兄さんのような立ち位置で支える物語 主人公の立ち位置がすごく良かった物語。享年25歳の主人公が、自分を救ってくれたお嬢様を性的な目線で見ることなく恋愛的な目線で見ることなく、ひたすら『自分を救ってくれた相手』『笑うのが下手だけれども正義感が強く素敵な箇所 ...