主従

★★★★☆

「日本一の高校生魔術師、異世界奴隷少女をもらう 2」不快感なくやさしい距離感の物語

★★★★☆HJ文庫
主従現代
前の巻の感想はこっち。 とにかくやさしくて可愛くてあたたかいお話だった。 前回ノインを異世界に戻す戻さないなどいろいろあってからの今回の巻。 ノインの服を買いに行ってついでに恋愛映画を見たりというまるでカップルのような行動もしつつ、しかし明確に恋愛対象としては互いをまだ見ていない(けれども異性という存在として認識はしている)ぐらいの距離感の二人。 この距離感がすごくほのぼのしていて可愛い。 京介はノインのことを大事な家族+少女として見ているので、不意打ちの事故だので彼女の裸を見てしまったら相応に動揺するんだけど、同時に家族として愛しているので髪の毛を梳かすといった接触や頭を撫…
★★★★☆

「狂犬従者は愛されたい」突っ込み属性ヒロインが清々しくて強い

★★★★☆ソーニャ文庫
ファンタジー両思い主従年の差恋愛
いや全然狂犬じゃないじゃん。めっちゃ冷静に事をなしてるじゃん。愛の押し売りどんなんかと思ったら全然押し売りはできてないじゃん。定価で買ってもらってるようなタイプじゃん。 いやーーー面白かった。ヒロインがツッコミ属性で、腕力は高いが脳筋ではないという塩梅がすごく良かったし、ヒーローが昔っから虎視眈々と狙ってきたわんこなのが良かったし、終盤のどんでん返しというか驚かせと言うかそのあたりも全部良かった。すごい好きだなこれ。 「可愛い」「しばくわよ」「やめなさい、ばか! 嗅ぐな!」「いい匂いです」「訊いてないわよ!」「愛しています、ライネリア様」「愛は免罪符にはならないからね!?」 …
★★★☆☆

「不良少年と彼女の関係 (2)」誰かのために疾走する青臭い物語

★★★☆☆メディアワークス文庫
お仕事主従学園家族現代
ネタバレ起承転結 起承転結 起  ある日、朱乃が文化祭のクラスリーダーに抜擢される。苦手なポジションだが周囲からの期待もあり引き受ける朱乃。そんな彼女を口喧嘩のようなやり取りをしつつも見守る拳児。 そんな中、普段ほとんど帰宅しない朱乃の父親が会議のために帰国するという。 承  文化祭のために頑張る朱乃。今年から自分の家の金をつぎ込んでのイベントは禁止され自分たちの手でと決められ、財力をつぎ込んだ喫茶店をやろうとしていたクラスの面々は意気消沈。自分たちがケーキを作ることなど出来ないと諦めかけるが、朱乃が自分でケーキを作ってみせ、なおかつ彼女たちを自宅へと呼び、シェフに作り方を教えさせ美…
「武姫の後宮物語2 (カドカワBOOKS)      筧千里」★★★★☆

「武姫の後宮物語2 (カドカワBOOKS) 筧千里」

★★★★☆カドカワBOOKS
ファンタジー主従偽装/政略結婚後宮恋愛
かわいい(厄介な)弟子が3人増えたぞ! ひょんなことからかわいい(厄介な)弟子が3人増えた主人公。前の巻のラストで《星天姫》マリエルがヅカ的な方向性で主人公に心臓打ち抜かれていたのでなんとなく察していたものの、残りの2人は完全に予想外だったなあ。 熊とも猪ともつかない凶相の将軍に惚れてるフランがめちゃくちゃにかわいい。殿下のお通りに対してひたすら他の男の話をし続けるその胆力や、相手にふさわしい人間になろうと自らを鍛えるメンタル。どれもこれもが強い。強すぎる。恋する乙女は強い。彼女の友人たる少女もそれに呆れつつ付き合ってるから本当に良い子なんだろうな。 こういう話ってツッコミ…
「武姫の後宮物語 (カドカワBOOKS)      筧千里」★★★★☆

「武姫の後宮物語 (カドカワBOOKS) 筧千里」

★★★★☆カドカワBOOKS
ファンタジー主従偽装/政略結婚後宮恋愛
残念脳筋令嬢が必死で猫の皮を被って後宮へ 令嬢というより武将という方が正しいようなそんな肉体派主人公が、過去の悪法により後宮にあげられ女の園でどうやってやっていけば良いのだ……と焦ったところ、そんなお前こそを待っていた、武力としてのお前を待っていたのだという殿下とうまいこと意気投合してやばい出来事を乗り越えていく物語。趣味は筋トレ、基本は脳に筋肉が詰まっており難しいことはわからない、口がまともに回るのは戦いについてのみ、後宮に来るにはとうがたった28歳武力派という主人公の圧倒的キャラが強くめちゃめちゃに面白かった。 主人公を知る人たちから一貫して「こいつは馬鹿」「こいつは脳筋」「…
「うちのお嬢様が破滅エンドしかない悪役令嬢のようなので俺が救済したいと思います。 (カドカワBOOKS)      古森 きり」★★★★☆

「うちのお嬢様が破滅エンドしかない悪役令嬢のようなので俺が救済したいと思います。 (カドカワBOOKS) 古森 きり」

★★★★☆カドカワBOOKS
主従悪役令嬢異世界転生
笑い下手な少女を、親戚のお兄さんのような立ち位置で支える物語 主人公の立ち位置がすごく良かった物語。享年25歳の主人公が、自分を救ってくれたお嬢様を性的な目線で見ることなく恋愛的な目線で見ることなく、ひたすら『自分を救ってくれた相手』『笑うのが下手だけれども正義感が強く素敵な箇所がたくさんあって他人に誤解されやすいかもしれないけれどもとても素敵な女の子』『10歳にしては責任感が強く正義感がある、重荷を背負った女の子』『守ってあげたい女の子』として見ているのが最高。 流行り病で高熱に魘されたことにより過去の記憶を思い出した主人公。この世界が前世で遊んだ乙女ゲームの世界だと認識したと…
「セプテムレックス 怠惰の七罪魔と王座戦争 (ファンタジア文庫)      古宮 雅敬」★★★★☆

「セプテムレックス 怠惰の七罪魔と王座戦争 (ファンタジア文庫) 古宮 雅敬」

★★★★☆ファンタジア文庫
ファンタジー主従幼馴染百合
キャラとキャラの関係性が面白い 雑に言ってしまえば、次の魔王を選ぶためのバトロワ開催、七つの大罪をモチーフとした7人の悪魔たちが殺し合いをし最後に生き残ったやつが次代の魔王!という物語。 キャラの個性がひたすら強く、七つの大罪をモチーフとしていることからわかるように7人の悪魔+メイドや執事が登場するのに誰もがキャラが濃い。全員『こういうキャラ!』と言い切れるキャラとしての強さ。 下手に人数多いと物語がとっちらかって……ということもあるけれどこの話はそういう箇所もなく、このキャラはこのキャラと仲がよく、過去にこういう関係があって……というものもわかりやすくて面白かった。 個人…
広告
タイトルとURLをコピーしました