「Bの戦場 3 さいたま新都心ブライダル課の果断 (集英社オレンジ文庫)」ゆきた 志旗

「Bの戦場 3 さいたま新都心ブライダル課の果断 (集英社オレンジ文庫)」ゆきた 志旗★★★★☆

あらすじ

物心ついた頃から゛ブス“だったわたし、北條香澄は、自分は無理でもせめて誰かの最高の瞬間を演出したいと、ウェディングプランナーの職に就いた。
お客様の幸せのために奔走しつつ、眉目秀麗だが致命的に残念な゛意識の高いB専“久世課長の求婚に振り回される日々。

だが、フラワーショップに配属された城ノ宮さんが゛わたし並みにブス“だったことに思いがけず動揺してしまう。
ブスを愛する久世課長の目に城ノ宮さんはどう映るんだろう…。
そんな時、城ノ宮さんのゆがんだ内面を見てしまって…!?
顔がブスでも心の美しさだけはゆずれない!

そのほか、二人の新婦が一人のチャラ男をめぐって「挙式キャンセルチキンレース」を繰り広げたり、美男美女の素敵カップルと思いきや新婦の身分詐称疑惑が浮上したりと、敏腕プランナーは大忙し。
埼玉を舞台に贈る、笑って泣けて元気になれるお仕事小説第3弾!

内面ブス、現る

外見ブスと言われまくりながらも内面が超まともでいい人の香澄の前に現れるは、今度は外見ブスで内面もブスなフラワーコーディネーター、城ノ宮さん。
リア充嫌いだし明るいキラキラしたこれから結婚しまーすな二人組みも嫌。持てる女も嫌いだし美人も嫌いと、この上なく結婚式場のフラワーコーディネーターに合わないタイプの人間だな……という彼女。会社側ももうちょい人選なんとかしろよ! と思ってしまった巻。

前の巻の財前さんと同じく、読み始めはうわーーーーーー何この人ムカつく! と思うキャラながらも、話が進むに連れてだんだんこの人可愛いのでは……? と思えてくるのでこのお話本当にすごい。
いや、だって城ノ宮さん、性格は散々周囲からブス扱いされた過去でねじまがっちゃったけど、それだってしょうがないと思えるもん。もしかしたら、外見が外見なのに内面はめっちゃ美人な香澄より理解できる。

人は見た目が9割なんてタイトルの本もある通り、どうしたって人間、外面で判断される。顔が悪けりゃ相手の反応も微妙だし、可愛けりゃその分扱いが良くなる。相手が異性だけというわけじゃなくて同性だって同じだ。化粧だの服装だのでいくらかごまかせても、それでも隠しきれないものはある。
そんな中でひねくれてしまった城ノ宮さんは、とても理解しやすい人間だ。それだけ虐げられていても内面美人な香澄よりずっと理解しやすい。
もちろん香澄だって人としてとても正しいのはわかるんだけど、今まで虐げられたがゆえに他人に何かしてやりたいという城ノ宮さんの気持ちだってわかる。やったことは良くないことなんだけどね。

それだけわかりやすい人だからこそ、城ノ宮さんが徐々に「リア充……」ってうわあ……ってなっちゃってるとこも可愛く思えてきたりする。いやホントこの人かわいいしわかりやすいな……良いな……。
このまま香澄と良いコンビを組んで欲しい。

サブというかゲストで読んでて楽しかったのはチキンレースしてるカップル。お前らすげえな、というか男のほうの頭のゆるさも十分すげーぞ。こいつ絶対よろしくねえぞ。もう一回結婚式来るぞ。

このポストは約 1 分で読めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました