時代物

★★★☆☆

薄桜鬼 新選組炎舞録(DVD視聴)

★★★☆☆舞台
実写化戦闘時代物
あらすじ 幕末、文久三年から物語は始まる。雪村千鶴(黒川智花)は江戸育ちの蘭方医の娘。父・綱道(木下ほうか)は京で仕事をしており離れて生活をしていた。ある日、父と連絡が取れなくなり心配になった千鶴は、男装をして京の町を訪れる。そこで千鶴はある衝撃的な場面い遭遇し、新選組(早乙女太一、窪田正孝、中村倫也、川岡大次郎 他)と出会い、父の行方を共に捜すこととなる。新選組隊士達の間で起こる出来事、自身の出生、もう一つの「新撰組」に隠された秘密。 幕末を駆け抜ける男達の生きるための闘いが繰り広げられる。 キャスト・スタッフ キャスト:早乙女太一(土方歳三)黒川智花(雪村千鶴)木…
★★★☆☆

柳生剣法帖 ふたり十兵衛 (角川文庫) 谷津矢車

★★★☆☆角川文庫
戦闘時代物
こんな人におすすめ さらっと読める時代物が読みたい人バトルアクションが読みたい人自分の足りないものを補い合うコンビが読みたい人 剣を握れない柳生十兵衛と、その剣となる速水一兵衛 設定がとにかく面白かったー! 柳生とか風魔あたりは全然触ってないので事前知識なしだったのだけれども面白かった。 主人公は柳生の剣士である速水一兵衛。彼は柳生の長男だが剣を持たず日がな一日読書三昧の男・柳生十兵衛に仕えている。柳生十兵衛は現在家光公に怒られ小田原で謹慎中。そんな彼等のもとへもたらされたのは、小田原で怪しげな動きをしている連中があるという話。どうせだったら動いてみるかとヤブをつつ…
★★★☆☆

盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ (双葉文庫) 小早川 真寛

★★★☆☆双葉文庫
お仕事ミステリー三角関係後宮恋愛時代物片思い
盲目の機織り宮女の安楽椅子探偵物 主人公は後宮の機織り宮女。村で受け継がれた秘伝の方法でとても素晴らしい帯を織る盲目の少女。そんな彼女のもとへある日お付きの侍女が持ち込んだのは、あかずの扉の前に幽霊が出るという話だった――から始まる物語。 見えないが故に耳の良い彼女は、様々な『音』を頼りに推理を行う。例えばそれは人の足音だったり、衣擦れの音だったり、誰かの会話だったり。あまり分厚くない250pという分量に小さな事件が大量に詰め込まれているタイプの連作短編集。 個人的にはちょっとうーん……。面白い場所と面白くない場所がかなり真っ二つに別れた話だった。具体的には 事件もの…
★★★★☆

洋食屋じゃぽんの料理帖 ソップからはじまるフル・コウス (富士見L文庫)

★★★★☆富士見L文庫
お仕事料理時代物
感想 面白かったー! テンプレ的なあらすじにしてしまえば「認められていない主人公が相棒の助言を得ながらも周囲の人々に認められていく話」でいいのかな。割とよくあるテンプレながら、同時に王道だから愛されるタイプのお話。そして料理モノ、最近多いよね。いや昔っから多いんだけど最近更に増えてきた気がするというか。あっちを見てもこっちを見ても、どこのレーベルでもお料理モノがある気がする。料理モノって描写の上手い下手があるんだけど、この話はめちゃめちゃによかった。食べ物自体の描写が美味しそうというわけじゃなく(それもそこそこは美味しそうなんだけど)、それ以上に食べている人が美味しそうですごく良…
★★★★★

【ネタバレ】信長じゃなくても良いが、信長じゃなきゃ駄目だった映画「3人の信長」

★★★★★映画
時代物
あらすじ EXILE TAKAHIRO、市原隼人、岡田義徳がそれぞれ織田信長を演じ、自分こそが本物だと主張する3人の信長と、あだ討ちに燃える元今川軍の侍たちとの攻防を描いたオリジナルの時代劇エンタテインメント。 永禄13年、かつて主君である今川義元を討たれたことへの復讐に燃える蒲原氏徳ら元今川軍の侍たちが、金ヶ崎の戦いに敗れて逃走中の織田信長を捕らえることに成功する。しかし、彼らが捕らえた信長は3人もいた。 万が一、影武者の首を討ち取ってしまっては、今川家は笑いものになってしまう。蒲原らはあの手この手で本物をあぶりだそうとするが、3人の信長たちも本物を守るため「我こ…
★★★★☆

舞台を見たので原作も読んだよ。「魍魎の匣」京極 夏彦

★★★★☆講談社文庫
ミステリー時代物
あらすじ 匣の中には綺麗な娘がぴったり入ってゐた。箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物―箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。果たして憑物は落とせるのか!?日本推理作家協会賞に輝いた超絶ミステリ、妖怪シリーズ第2弾。 舞台が面白かったので、原作も読んでみた 舞台がもーーーー冗談みたいに良くて最高で最高だったので、これは原作も読みたい!と手にとった。 ちなみに電子書籍で買ったのに、図書館で映画版を借りるついでに実物も見たいなーと書庫から出してもら…
★★★★☆

宇宙へ”飛ばせた”者の物語「月とライカと吸血姫 3」牧野 圭祐

★★★★☆ガガガ文庫
お仕事ファンタジー吸血鬼時代物
あらすじ 宙と青春の物語、連合王国編始動! ――これは人類史に残る偉大なる一歩。連合王国に、その礎を築いた若き二人がいた。 人類史上初をかけた有人宇宙飛行計画で、共和国に惨敗した連合王国。劣勢に立たされた王国議会は、途方もない計画を宣言する。 「我々は、人類を月面へ送り込み、帰還させることを約束する!」 王国南部の宇宙開発都市<ライカ・クレセント>の研究所では、同時にとあるプロジェクトが進んでいた。アーナック・ワン――それは『民族融和と科学技術大国推進』を打ち出し、汚名を払拭するための広報プロジェクトだった。 新人技術者のバート・ファイフィールドは、連合王国初の宇宙飛行士アーロ…
★★★☆☆

レフ、ずっとイリナのことばっか考えてるね「月とライカと吸血姫 2 (ガガガ文庫) 」牧野 圭祐

★★★☆☆ガガガ文庫
お仕事ファンタジー吸血鬼時代物
あらすじ 高度百キロメートルの宙から君を想う。 『ノスフェラトゥ計画』の一件を評価されたレフ・レプス中尉は、晴れて念願の宇宙飛行士候補生に復帰する運びとなった。それに合わせて吸血鬼の少女イリナ・ルミネスクを監視する任務からも解かれることになる。昼を生きるレフと夜を生きるイリナ。ふたりは同じ基地内でもすれ違ってしまう、そんな生活が続いていた。 イリナの様子を気にかけつつも、レフは自身の夢を叶えるために「人類史上初」をかけた宇宙飛行士選抜試験に挑み、優秀なライバル達と鎬を削る。 その一方で、不穏な空気がイリナの周りを包もうとしていた。 「実験体が帰還したようです」 「……もう用済みだろう。…
★★★★☆

彩菊あやかし算法帖(実業之日本社)青柳 碧人

★★★★☆実業之日本社文庫
あやかし時代物
算術、あやかし、時代モノ、ファンタジー。 算術少女が自身の算術能力を使って、算術妖怪たちと戦う話。 算術モノっぽいので数学あんまり得意じゃないけど大丈夫かな? と思ったけれども大丈夫だった。 とあるあやかしは、生け贄の娘に賽子で取引をする。自分と賽子勝負をして、自分より大きな目が出るのが六十回以上あったら生きたまま返してやろうという取引。けれども当然負ける娘のほうが多い。そこへ呼ばれたのが算術得意の主人公。主人公はとある特殊な賽子を4つ持ち込んで、賽子のあやかしと勝負する。 などなど、主人公の算術能力で、あやかしの算術能力を打ちのめしていく話。 どの話もちゃんと現代っぽい文章で解説がつ…
広告
タイトルとURLをコピーしました