柳生剣法帖 ふたり十兵衛 (角川文庫) 谷津矢車

★★★☆☆

あらすじ

剣を握ったのは遠い過去、今では書物を手放さず、暇さえあれば読書にふける柳生十兵衛は、一応、将軍家剣術指南役たる柳生家の御曹司。
先日までは徳川家光の小姓も務めていた。
だが家光の勘気を被り、目下、小田原にて謹慎の身。

謹慎これ幸いと読書にうつつを抜かす十兵衛だったが、小田原城主阿部備中守から城下の不逞浪人の調査を依頼される。
十兵衛は、筋骨隆々の従者一兵衛と探索を開始するが……。

読書家・柳生十兵衛が、小田原に巣くう〈魔〉に挑む!

このポストは約 2 分で読めます。

こんな人におすすめ

  • さらっと読める時代物が読みたい人
  • バトルアクションが読みたい人
  • 自分の足りないものを補い合うコンビが読みたい人

剣を握れない柳生十兵衛と、その剣となる速水一兵衛

設定がとにかく面白かったー!

柳生とか風魔あたりは全然触ってないので事前知識なしだったのだけれども面白かった。

主人公は柳生の剣士である速水一兵衛。
彼は柳生の長男だが剣を持たず日がな一日読書三昧の男・柳生十兵衛に仕えている。柳生十兵衛は現在家光公に怒られ小田原で謹慎中。
そんな彼等のもとへもたらされたのは、小田原で怪しげな動きをしている連中があるという話。
どうせだったら動いてみるかとヤブをつついてみたところ、蛇どころか大蛇、風魔が小田原付近を動いているとわかる。
剣の腕はたつが頭はそこまで良くない一兵衛、クールだが負けん気の強いくのいちの霧、剣を握ることは出来ないが剣術の知識はあり頭が回る十兵衛の三人で、小田原の平和を乱そうとする風魔と戦う物語。

この3人のキャラの組み合わせがいいなー!
一兵衛の視点で物語は動いているので、敵の思考や何を目論んでいるかはわからない。
だが主君であり物語の頭脳パートの十兵衛がいるので、こちらが理解できない出来事の解説は逐一行ってもらえる。
戦闘も主観となりがちな一兵衛の戦いだけではなく、傍で戦う霧がいるので、他人の動きというものもわかる。食い合わせとして最高に面白かった。

そして十兵衛と一兵衛の関係性が良いんだよね……。
十兵衛は過去に一兵衛の左目を失明させてしまった過去から、もう剣を握ることが恐ろしい。
一兵衛はそんな主の事情がわかるからこそ、片目を失った状態でも強く戦い主を守る。
十兵衛は一兵衛の左目となり敵の剣を見切り戦術を伝える。
この関係性がものすごく熱いしよかった……。

テンポよく次々と問題が転がっていく物語で面白かった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました