「警視庁アウトサイダー」マル暴に戻りたい刑事とワケあり刑事のバディもの

★★★★☆

あらすじ

警視庁桜町中央署刑事課のエース刑事・蓮見光輔は、本庁の組織犯罪対策第四課から異動してきた架川英児とコンビを組むことに。風貌も言動もまるでヤクザの架川に桜町中央署のメンバーが困惑する中、所轄内で幼稚園児の息子を持つ主婦が殺害される事件が発生。ママ友のグループの聞き込みを開始する。架川は「あの佐々木ってのが組長で、江藤が若頭で……」とグループを分析、「抗争状態にある」別のママ友グループの存在を探り当てる。
結果を出してマル暴に返り咲きたい架川の型破りな捜査手法に振り回される光輔だったが、協力して事件解決にあたるうちに少しずつ打ち解けていく。

今度実写化するからかな?BW読み放題とKindle Unlimited読み放題に入っていたので読んだ。

木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』|テレビ朝日
2023年1月5日スタート!【毎週木曜】よる9:00放送!テレビ朝日 木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』番組サイト。2023年新春、誰も見たことのない超異色刑事ドラマが誕生!!《元マル暴オヤジ刑事》西島秀俊が《秘密をひた隠すエース刑事》濱田岳《やる気ナシ新米刑事》上白石萌歌とトリオで巨悪に立ち向かう!!《アウトサイダー…

同作者の作品だとインディゴの夜の印象からミステリー物の印象はあったけど、そういえばさくらだもん!だとか、ここしばらくは警察物ミステリー多かったな。

バディものとしての王道の、最初は相反する二人が何らかの目的で共同で動いていくうちに次第に信頼関係を築いていく物語。
というにはラストまで見てみてもそこまでガチの信頼関係ではなく相互利用の関係性っていう雰囲気ではあるけれども、そこは今後のシリーズで変わっていくのかもしれない。
3本入った連作短編集で全て1話完結型なので、気軽に1本だけ読んでみよーっていうときに合っている。この作者さんは他のシリーズもそういうの多くて気軽に読めて好き。

エースの蓮見が押し付けられたのはマル暴から左遷されて所轄となった架川。架川は所轄に来てもマル暴のときの服装を変えないし、態度や口調、思考方法などだいたいぜんぶマル暴のときのまんま。
そのせいで現場検証で足跡をつけそうになって嫌がられたりと完全に蓮見のお荷物状態。

という状態から、架川がマル暴だった時の経験を生かしてママさんグループの上下関係を見抜き、その情報から蓮見が発想力と思考力で推理して事件を解決していくのがコンビとして面白かった。

恐らく事件自体は蓮見一人でも解決出来たかもしれない。観察眼と思考力がずば抜けている。冒頭でも「連続コンビニ強盗の犯人をあげた」「本庁の捜査一課を目指したらどうだ」と言われるほどの切れ者。
けれどもその解決を早期に導いたりヒントを与えたのは間違いなく架川で、相互を補うというよりもヒントを与え合うといった雰囲気の二人の関係性が面白い。

そういった二人の事件解決に加えて、架川を暴力団とつながっているとして左遷する方向に動いた黒幕がいると来た。
こういった短編をぶちぬく縦軸が面白かった。
読んでいる最中から、特段話に関係なさそうだけど印象的に出てるから藤原が犯人周りだろうなーと思ったけれども普通にあたって笑った。

更には架川が暴力団と絡んでいないか(もともとの架川の左遷理由)を調べるために来た内部監査の若井に架川の何か裏がバレるのではないか、それ以上に作中で何か隠していると時折示唆される蓮見の謎がバレてしまうのではないかとハラハラする。
結局若井はうまく騙し仰せたし彼女は彼女でまた変な勘違いをしているけれど、最後の最後の蓮見の協力者判明はそう来たか!と思った。
いや、羽村さん格好いいな……。架川さんに能面と表現される顔で時々笑う蓮見が、羽村さんを「琢己にいちゃん」と呼ぶときにぱっと笑顔になったのだろうと思えるのがめっちゃいい。

表と裏の相棒関係。
架川はマル暴に返り咲きたいから点数稼ぎをしろ、それから架川を陥れた藤原の件周辺のことを調べるのを手伝えというのに対して、蓮見は自分が身分詐称となりすましをして別人のふりをして警察官をしているのを見逃してもらっている。
いやいやいやいやこれ全然対等じゃないけど、でも架川がそれでいいっていうなら良いんだろうな……良いんだろうか……。

実写化について。

すごくアレな感想で楽しみ方で申し訳ないんだけど、この作者さんの作品って、私が実写版を見たものはどれもなんとなく原作改変ががっつりされているような記憶があり、そういう意味でもどういうふうに変更されるか楽しみ。
1巻読み終えてから公式サイト見たら知らん人がめっちゃいてすでに笑った。

内容的に、藤原がいるから架川が陥れられて所轄に左遷させられた事件はやる。琢己にいちゃんがいるから蓮見と琢己の共犯関係も出のは確定かな。
1冊につき3話入ってて各話完結型なので、その各話を1話ごとにしていけばドラマにはしやすそう……とは思うんだけれども若井がいないので1巻の内容ではなく、ウィキ見る限りシーズン2の内容を混ぜていくのかな。どうして……?

蓮見に「英児と直央を操る、司令塔的な存在。」とあるので、原作の架川さんに引っ張り回されつつもふとした瞬間にひらめいて事件解決へ導くというのは変わりそう。というか外見が結構予想外だった。

「あんた。女みたいなツラしてるが、頭は切れるな」

作中で蓮見に対してこういうセリフがあるのでてっきりもっと顔がかわいい系のイケメンだと思っていた。こうきたか。
架川はめちゃくちゃ想像通りだった。

また、脚本が仮面ライダーBLACK SUN!! 主演が仮面ライダーBLACK SUN!! 助演が仮面ライダーBLACK SUN!! と、昨年悪い特撮オタクをホイホイした番組の人の作品という意味でも楽しみ。
それこそ冒頭に書いたインディゴの夜も特撮キャストがめっちゃ多くて面白かったな。懐かしいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました