文芸書

★★★★☆

「ネメシスの使者」果たして死刑は必要なのかを問う(ように見せかける)のがうまい

★★★★☆文春文庫
お仕事ミステリー現代
冤罪からの死刑の「テミスの剣」、死刑回避からの事件の「ネメシスの死者」 テミスの剣の渡瀬刑事を主人公格に置かれた物語。続き物かと言われると完全に別物語であるが、中山七里作品自体がスターシステムなので、岬刑事の息子の話が出てくる程度には渡瀬刑事の過去話も出てくる。 テミスの剣が『死刑という判決は正しいのか?もし犯人が実は冤罪だったら?』という物語であるのに対して、今回は『果たして死刑回避で無期懲役という判決は正しいのか?人を殺した犯人がのうのうと生きていて良いのか?』という物語。冤罪事件で死刑判決を勝ち得てしまった渡瀬刑事だからこそこの物語の主役に据えられるのがまさに正…
★★★★☆

「テミスの剣」免罪符と贖罪のヒューマンドラマ

★★★★☆文春文庫
お仕事ミステリー現代警察
前半と後半で取り扱う事件が変わる物語。前半は若くて青い刑事が相棒につられて昭和の圧力的な取り調べをしてしまい冤罪事件を起こしてしまうことから始まる物語。後半は、その冤罪事件の真犯人が無期懲役から仮釈放となった直後に殺害される物語。 ミステリーやトリック中心の話になるのかなと思いきや、どちらかと言えばヒューマンドラマの印象。前半の事件があったからこそ後半の真犯人が殺される事件で各容疑者たちの憎しみや殺害動機が理解できた。一度冤罪事件を引き起こしてしまった、またその粛清から逃れてしまったからこそ間違いを正す刑事でありたいと願う主人公が、今度こそとばかりに事件に取り組んでいくのが魅力的だった…
★★★★☆

「警視庁アウトサイダー3」見事大団円の完結

★★★★☆角川文庫
お仕事映像化現代男性バディ警察
シーズン1のクライマックスからの大団円。今まで続いていた蓮見の父親の冤罪事件がこの話で片がついた。 窃盗からの日本酒サークル事件にて、マル暴の捜査方法でどぶろくのやり取りをうまく見つけて証拠を得るまでの架川のやり口が見事。1巻からずっと所轄じゃやらないような思考や行動で証拠を見つけ、蓮見がそこから推理とひらめきで事件を解決するという流れが完全にテンプレート化しているものの、毎回やり方が変わるのでおもしれー!と思うのはさすがの流れだなこれ。蓮見のほうも、3巻ともなると架川のマル暴仕込みの行動や思考に対してのツッコミがどんどん減っていってるのも面白い。 その蓮見だが、普段は冷静に思考…
★★★☆☆

「警視庁アウトサイダー2」キャラが少しずつ深掘りされていく2巻

★★★☆☆角川文庫
お仕事ミステリー現代男性バディ警察
前からちらっと出てたりする架川の娘さんが出てきたり、なんとなく日和見っぽさというか問題起きないでほしいのかなと思える課長・矢上の熱い部分が見えたり、蓮見が追いかける事件の発端である父親に架川が会いに行ったりする2巻。 個人的に読んでて面白かったのは、某何かの人気マンガを題材にしてるのだろうと思われる作品の偽アクキーの出どころ探しをしたりする1話目。自分が2.5も追いかけるタイプのオタクなので、天王洲の劇場に行って調べたりするシーンで銀河劇場がリアルに想像できて面白すぎた。架川さんが娘の愛理と二人っきりでは居心地が悪いし何を話したらいいのかわからなくて間に蓮見を入れたがる、というのが距離…
★★★★☆

「警視庁アウトサイダー」マル暴に戻りたい刑事とワケあり刑事のバディもの

★★★★☆角川文庫
お仕事ミステリー映像化男性バディ警察
今度実写化するからかな?BW読み放題とKindle Unlimited読み放題に入っていたので読んだ。 同作者の作品だとインディゴの夜の印象からミステリー物の印象はあったけど、そういえばさくらだもん!だとか、ここしばらくは警察物ミステリー多かったな。 バディものとしての王道の、最初は相反する二人が何らかの目的で共同で動いていくうちに次第に信頼関係を築いていく物語。というにはラストまで見てみてもそこまでガチの信頼関係ではなく相互利用の関係性っていう雰囲気ではあるけれども、そこは今後のシリーズで変わっていくのかもしれない。3本入った連作短編集で全て1話完結型なので、気…
★★★☆☆

「江戸落語奇譚 寄席と死神」

★★★☆☆角川文庫
怪異新人賞現代男性バディ
江戸の落語に関する怪異のみ見える落語家と、少し気弱で怖がりで何かしらの特定条件のときのみ怪異がほんのりわかる大学生がコンビを組んで、発生する江戸落語絡みの事件を解決していくふんわりした物語。個人的にはあんまり刺さらなかったというか、全体的に刺そう刺そうとしている感が強すぎてそれで逆にうーん……?となった感覚があったかも。 まず気になった点として、主人公である大学生が怪異を見えるときの条件がよくわからない。江戸落語にまつわる怪異が発生して身近にいる状況ならばなんとなく感じられるっぽいというのは読んでてわかったんだけれども、終盤の怪異が意図的に身を見せようとしている時以外はほとんど視界に入…
★★★★★

「境界線」地元民、めっちゃ楽しく読む

★★★★★NHK出版
ミステリー家族現代
映画化もした護られなかったものたちへの続編。護られなかったものたちへが東日本大震災を下敷きにしつつそこまでメインでは持ってきていなかったのが、今度の話ではかなり核の部分に持ってこられている。 物語としてはすごく面白かった。津波によって行方不明となった人は、もしかしたら帰ってこないだけでどこかで生きているかもしれない。そう願う人のもとへ『あなたの奥さんがこの場所で亡くなっていました』なんて連絡が来たら、どうして連絡をしなかった、生きていてくれたのか、なんで死んでしまったんだなどと様々な思いを抱きながらその場に向かうだろう。そして到着してまったくの別人の遺体があったら愕然とするだろう。描か…
★★★★☆

「棘の家」転がり転げて地獄へ一直線

★★★★☆KADOKAWA
いじめ家族現代
面白かった。 中山七里の小説ってラストのどんでん返しがデカく襲いかかるタイプの物語なのかなと思っていたし、実際この小説も『どんでん返しの帝王が~』という文章がアマゾンの紹介にあったからそういった類の物語なのかなと想像していたら全然違った。むしろ家族の裏の顔や、人間の感情を動かすタイプの物語だった。 無責任かつ簡単に掌返しする一般的な人間として出てきたネットの人々やマスコミの存在が面白かった。主人公の娘がいじめで飛び降りたものの、事なかれ主義の学校は詳しい調査もしないし、わかったことも教えてくれない。警察だって頼りにならない。そんな主人公たちのもとへと訪れたのはワイドショー的なマス…
★★★★☆

「夜がどれほど暗くても」犯罪加害者を記事にしていた週刊雑誌副編集長、犯罪加害者遺族となる

★★★★☆ハルキ文庫
ミステリー現代
最近読んでる中山七里のノンシリーズ物(おそらく)。 犯罪系のネタや芸能人のスキャンダルをネタにしていた雑誌の副編集長が、自分の息子が殺人事件の加害者なおかつ死亡したことにより、本来は加害者に向くはずだったヘイトや取材なども全て向けられることとなる、という逆転構造のえぐさがめっちゃいい。 自分がやっていた立場だからこそカメラを向けてくるマスコミ連中がどういう意図でどういう絵面を取りたいのかもわかっていて、だからこそ腹立たしいし苛立つし、自分の無力さを実感する。この対比がすごい上手いのと、主人公が徐々に疲弊していく描写のさりげない旨さが相まってて読む手がとまらなかった。 どこ…
★★★★★

「次回作にご期待下さい」漫画編集部のドタバタミステリー

★★★★★角川文庫
お仕事ミステリー現代
面白かったー。漫画編集部を題材にしたお話で、ちょっとしたミステリーというか謎解き風味。いやほんと面白かった。 ギャグ漫画家なのにものすっごい後ろ向きな漫画家に打ち切りを伝えるエピソードは読んでてああああ……と。実際編集者って悪者にされがちだし、最近ガガガ文庫あたりだと顕著に編集者がツイッターアカウント作っているけれど、そうでもなければこういうことがありましたって発信出来ないものね。で、後ろ向きな漫画家にこういうの書かれたら編集者が悪いと思うファンも増えるだろう。 ……いや増える? この漫画家さんの場合はわかりやすくやべえ人なのでむしろ同情されるかもしれないけれど。 そういったゴタゴタ…
★★★☆☆

「准教授・高槻彰良の推察2 怪異は狭間に宿る」

★★★☆☆角川文庫
現代男性バディ
今回も連作短編集3作。えーーー、面白かった。主人公が嘘が聞き分けられなくなる話が好き。 嘘がわかる自分の耳を疎い、そのせいで孤独を選んだ青年が、いざ嘘がわからなくなったら困惑してしまい混乱してしまうのすっごい良かった。そりゃあね。今までどれだけ嫌がっていたとしても自分の通常能力だもんな。たとえば普通の人の腕が一本なくなったらうまく腕が動かなくて困るように、今まで自分にあったものがなくなったら不便だしどうやって動いたらいいかわからない。誰を疑ったらいいか、誰を信じたらいいのかすらわからなければそりゃあ世界は五里霧中だ。困惑するわ。いくら疎んで忌み嫌っていた能力であろうとも、主人公にずっと…
★★★☆☆

「准教授・高槻彰良の推察 民俗学かく語りき」身近な『怪異』探る、あやかし無し男性バディ物

★★★☆☆角川文庫
現代男性バディ
これはあやかしものじゃない! これはあやかしものじゃないです!!!! あやかし事件解決物が苦手なので避けてたけど読んでみたらあやかしではなく民俗学だった。人の嘘がわかる青年が怪異大好き准教授の手伝いで、准教授のサイトに寄せられた怪異と思われる事件の相談に乗る連作短編集。 こういう大学の授業受けられたらいいなーと思いながら読んでた。都市伝説や民俗学をメインに、生徒側も楽しめるような授業をしてくれる先生って良いね。楽しそう。授業の内容もちょっとネットで見る気になるネタ的な雰囲気で面白く、なおかつ語る准教授の口調も読んでて心地よいので授業としてすごく楽しそう。私も受けたい。 怪異…
広告
タイトルとURLをコピーしました