文芸書

★★★★☆

「夜がどれほど暗くても」犯罪加害者を記事にしていた週刊雑誌副編集長、犯罪加害者遺族となる

★★★★☆ハルキ文庫
ミステリー現代
最近読んでる中山七里のノンシリーズ物(おそらく)。 犯罪系のネタや芸能人のスキャンダルをネタにしていた雑誌の副編集長が、自分の息子が殺人事件の加害者なおかつ死亡したことにより、本来は加害者に向くはずだったヘイトや取材なども全て向けられることとなる、という逆転構造のえぐさがめっちゃいい。 自分がやっていた立場だからこそカメラを向けてくるマスコミ連中がどういう意図でどういう絵面を取りたいのかもわかっていて、だからこそ腹立たしいし苛立つし、自分の無力さを実感する。この対比がすごい上手いのと、主人公が徐々に疲弊していく描写のさりげない旨さが相まってて読む手がとまらなかった。 どこ…
★★★★★

「次回作にご期待下さい」漫画編集部のドタバタミステリー

★★★★★角川文庫
お仕事ミステリー現代
面白かったー。漫画編集部を題材にしたお話で、ちょっとしたミステリーというか謎解き風味。いやほんと面白かった。 ギャグ漫画家なのにものすっごい後ろ向きな漫画家に打ち切りを伝えるエピソードは読んでてああああ……と。実際編集者って悪者にされがちだし、最近ガガガ文庫あたりだと顕著に編集者がツイッターアカウント作っているけれど、そうでもなければこういうことがありましたって発信出来ないものね。で、後ろ向きな漫画家にこういうの書かれたら編集者が悪いと思うファンも増えるだろう。 ……いや増える? この漫画家さんの場合はわかりやすくやべえ人なのでむしろ同情されるかもしれないけれど。 そういったゴタゴタ…
★★★☆☆

「准教授・高槻彰良の推察2 怪異は狭間に宿る」

★★★☆☆角川文庫
現代男性バディ
今回も連作短編集3作。えーーー、面白かった。主人公が嘘が聞き分けられなくなる話が好き。 嘘がわかる自分の耳を疎い、そのせいで孤独を選んだ青年が、いざ嘘がわからなくなったら困惑してしまい混乱してしまうのすっごい良かった。そりゃあね。今までどれだけ嫌がっていたとしても自分の通常能力だもんな。たとえば普通の人の腕が一本なくなったらうまく腕が動かなくて困るように、今まで自分にあったものがなくなったら不便だしどうやって動いたらいいかわからない。誰を疑ったらいいか、誰を信じたらいいのかすらわからなければそりゃあ世界は五里霧中だ。困惑するわ。いくら疎んで忌み嫌っていた能力であろうとも、主人公にずっと…
★★★☆☆

「准教授・高槻彰良の推察 民俗学かく語りき」身近な『怪異』探る、あやかし無し男性バディ物

★★★☆☆角川文庫
バディ現代
これはあやかしものじゃない! これはあやかしものじゃないです!!!! あやかし事件解決物が苦手なので避けてたけど読んでみたらあやかしではなく民俗学だった。人の嘘がわかる青年が怪異大好き准教授の手伝いで、准教授のサイトに寄せられた怪異と思われる事件の相談に乗る連作短編集。 こういう大学の授業受けられたらいいなーと思いながら読んでた。都市伝説や民俗学をメインに、生徒側も楽しめるような授業をしてくれる先生って良いね。楽しそう。授業の内容もちょっとネットで見る気になるネタ的な雰囲気で面白く、なおかつ語る准教授の口調も読んでて心地よいので授業としてすごく楽しそう。私も受けたい。 怪異…
★★★☆☆

「小説 BATTLE OF TOKYO vol.1」近未来SFモノ、もしくは原作ってなんなんだろう

★★★☆☆角川文庫
SF
なんでもコピーできる時代となった近未来の東京で、コピーできない指輪が盗まれた。被害者である少女はネットで検索したとある探偵事務所に足を運び二人組の探偵に捜索を依頼する――というところから始まる物語。からの、半ば崩壊したトウキョウに存在する特殊なスキルを持つ若者たち4チームの物語。まだまだ顔見せと世界観見せ程度で物語は進んでないので、2巻以降どうなるかの様子見。元ネタの人数が多いものの出てくるキャラを絞っているので読みやすい。 ジャンルとしては近未来SFモノなのかな?この先能力バトルに発展しそうな布石はかなり打たれているけれどもまだそこまではいかず、といった雰囲気。私はSF苦手なんだけど…
★★★★☆

「異世界の沙汰は社畜次第 聖女召喚改善計画」主人公の『大人』としての距離感が好き 

★★★★☆KADOKAWA
ファンタジー恋愛片思い男同士の強感情異世界転移
一種のこちらの技術で俺TSUEEEEEEEEEEではあるんだけれど、スキルが経理と社畜というのがなんともまあ。そして異世界に来て一番喜んでる内容がヒロ○ンならぬ完全に疲労が抜けるお薬というのもまたなんとも。筋肉痛が翌日出ればましなほうと思っているあたりが非常になんとも……なんとも言えねえ……! 主人公の書類処理能力や経理の能力はかなり高そうなんだけれど、作中でほとんどの人からはその能力を買われないばかりか嫌がられているのが個人的にツボ。俺TUEEEEE出来る能力があっても誰もその良さを理解してくれないし、なんなら煙たがられているの、まあ経理ならあるだろうな……。しかも今まで通ってた申請…
★★★☆☆

柳生剣法帖 ふたり十兵衛 (角川文庫) 谷津矢車

★★★☆☆角川文庫
戦闘時代物
こんな人におすすめ さらっと読める時代物が読みたい人バトルアクションが読みたい人自分の足りないものを補い合うコンビが読みたい人 剣を握れない柳生十兵衛と、その剣となる速水一兵衛 設定がとにかく面白かったー! 柳生とか風魔あたりは全然触ってないので事前知識なしだったのだけれども面白かった。 主人公は柳生の剣士である速水一兵衛。彼は柳生の長男だが剣を持たず日がな一日読書三昧の男・柳生十兵衛に仕えている。柳生十兵衛は現在家光公に怒られ小田原で謹慎中。そんな彼等のもとへもたらされたのは、小田原で怪しげな動きをしている連中があるという話。どうせだったら動いてみるかとヤブをつつ…
★★★★☆

弥栄の烏 八咫烏シリーズ6 阿部 智里

★★★★☆文春文庫
ファンタジー
5-6巻の対比 1-2巻が対比していたのと同じく、今度は5巻との対比の物語だ。 前巻は玉依姫である志帆側から見た物語であり、八咫烏たちはどうしているのかわからない。1巻が桜宮にいた姫たちの物語であり、若宮がどうしていたかわからないように。その八咫烏の視点を描いた話となる。ある意味、この5-6巻自体が1-2巻と対になる形。と考えれば第一部のきれいな終わりとも見える。 志帆側から見ていた際に、思わず1巻抜かしてしまったのか?と思うような突然の若宮が山神の下僕化で、どうなってんだこれ?と思ったが、ちゃんと事情があったのね。突如起きた襲撃、山神の下僕としてのお仕事。 一番びっ…
★★★★☆

玉依姫 八咫烏シリーズ 5 阿部 智里

★★★★☆文春文庫
現代疑似家族
こんな人におすすめ 疑似親子萌えな人 舞台はファンタジーから現代(1995年)へ このブログ、異世界をファンタジー、こちらの世界をざっくりと現代、古めのものは歴史ものと表現しているので、25年前が舞台の場合現代と表記して良いのかどうなのかちょっと迷うな。しかもファンタジーのシリーズの1巻だけの場合特に。 物語の舞台は1995年、人間の世界。女子高生の志帆は、祖母の故郷である村を訪れる。祖母がなぜ村を出たのかしらないままに訪れた志帆が巻き込まれたのは、人身御供を必要とする奇祭。人身御供とされた志帆は、連れて行かれた山の中で、とあるバケモノと顔を合わさせられる。バケモノの母と…
★★★★☆

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 阿部 智里

★★★★☆文春文庫
ファンタジー学園
こんな人におすすめ 学園モノが好きな人男子高校生の青春!みたいな乗りが読みたい人しっぺ返しを食らうスネイプ先生みたいなのが見たい人 学園編が始まったぞ!!!! まさかこのシリーズで学園モノが始まるとは思わなかった。いやマジで。 雪哉が入ったのは、若宮ら王族の護衛候補生を育てるための学園。しかし、そこでは派閥ごとの対立や権力争いが存在していた。同室の相手である茂丸や、同じく若宮派である明留らと少しずつ距離を詰めて友情というものを築いていく雪哉。何故か厳しくあたってくる教師とも戦いつつ送られる、楽しいスクールライフ!――というお話。 いや、楽しいスクールライフじゃねえん…
★★★★☆

黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 阿部 智里

★★★★☆文春文庫
ファンタジー
現れた敵、猿 後宮では女達がバトり、王宮では男たちがバトる世界で、とうとう別の敵が現れた。その名も猿。猿と呼ばれるなにかではなく、マジモンの猿。八咫烏たちと同じく人の姿を取り烏たちのなかに紛れ込む猿たち。かろうじて見分ける方法はあるものの、それも確実とは言えない。そして、現れた場所は、雪哉の実家がある垂氷。調査のため現れた若宮とともに、果たして雪哉は猿を追い払い実家に平和をもたらせるのか――というお話。 前巻でとても良いキャラとして登場した雪哉の、あまりに早すぎる再登場。お前、前の巻のラストでいい感じにさよならしてたじゃん!? まさかこの速さで戻ってくるとは思わないじゃん!? と…
★★★★☆

烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 阿部 智里

★★★★☆文春文庫
ファンタジー権力争い
こんな人におすすめ 振り回される少年が好きな人権謀術数渦巻く権力争いを読みたい人前作「烏に単は似合わない」が面白かった人 振り回される少年・雪哉の成長物語 地方役人の次男坊であった雪哉は、ちょっとしたハプニングにより若宮の側仕えとなる。むちゃくちゃな量の仕事を押し付けてくる若宮になんだこれーーーー!?となりつつも、負けん気と地頭の良さでクリアしていく雪哉。若宮に気に入られた彼は、次第に若宮の周囲に渦巻く面倒事に巻き込まれていく、というお話。 この雪哉のキャラがすごい良いんだよなーーーー!!飄々とした昼行灯、ぼんくらの阿呆に思わせて、けれども読者視点からすれば、こいつは頭が…
広告
タイトルとURLをコピーしました