「アクタージュ act-age」を読んでいたら舞台に行きたくなった

漫画

あらすじ

女優を目指す女子高生・夜凪は有名芸能事務所スターズのオーディションで天才的な芝居をするも不合格。それは彼女の危険な演技法に理由があった。しかし、夜凪の才能に魅せられた映画監督・黒山が役者の世界に誘う!!

このポストは約 5 分で読めます。

諸事情あって漫画喫茶一晩宿泊したついでに、ジャンプ+で途中くらいまで見てて現在続なし確定したアクタージュを12巻まで読んできた。

舞台に行きたくなった物語

漫画喫茶で午前4時からぶっ続けで読んで銀河鉄道の夜あたりで号泣した。舞台に行きたい。

物語自体はそこそこ虚無というか、役者っていうものはどうしても最後は精神論になるんだなあと思った。そりゃそうだよな。概念的なものだし。
それをある程度見やすい物語にしたものだった。
正直な話、ストーリー自体はそこまで刺さらなかったというか、千世子と夜凪が一緒にまちなかで遊んでる回が一番楽しかったかもしれない。絵かわいいし。

ただ、銀河鉄道の夜のあたりの舞台が始まったあたりで号泣した。舞台に行きたい。

そうなんだよ。客席側は、役者からぶつけられる熱量をひたすら眺めるしかない。今目の前で起きているそれをただ見続けるしか無い。それが舞台なんだよね。
アクシデントで若干変化もする。役者たちはマチネが終わりソワレが終わり、そのたびに徐々に演技プランを変化させていく。
目の前で生きている人間からぶつけられる質量をただ客席に座って見続ける。それが舞台なんだよ。

これを読んでいて、ものすごく舞台を見たいと思った。
私も劇場の椅子に座って、物語を全力で浴びたいと思った。おそらく作者の想定した感想ではないと思うが、ものすごく舞台を見たくなる漫画だった。

私が普段東京に行ってしかも漫画喫茶泊まるときってたいてい舞台のためっていうのもあるんだろうな。今までだったら翌日も舞台見るために適当にどこでもいいから安くあげて泊まるときだった。宿泊代浮かせた分の金はパンフやグッズ買うのにつぎ込んでた。ランブロは普段買わないけどその分日常使いできそうなデカイトートバッグなどを買ってた。
その感覚を思い出したのもあって、今コロナで見たい舞台が潰れたのや今いる場所などが合わさって、舞台行きたいなって泣いてた。

ただこの物語、ひとつ問題があった。

この演出家、客ナメてんの?

特にお前だ山野上花子。

彼女は夜凪の感情を爆発させるために初日の開演直前に自分が彼女の父と不倫関係にあったような話をする。羅刹女というキャラクターに夜凪が入り込むためには憎しみに近い感情を夜凪が感じる必要があったからだ。
結果的に山野上の作戦は成功、夜凪は憎しみを爆発させ、しかしそれで割れを失わないぎりぎりのところで制御し演技を行う。
彼女の演技に合わせて他の面々もうまくつなぎ舞台を続けていく。最終的に夜凪の演技は狂ってしまい最後の最後で台本外のものとなてつぃまうが、その寸前までは夜凪のポテンシャルを発揮し尽くした。
羅刹女という演目は甲乙の2パターンあり、もう片方の主演は千世子。千世子の演技に負けないように、配信収録日である初日に夜凪を爆発させたのだ。

ということで、山野上は狙って初日だけでもと夜凪を爆発させたんだけどさーーーー……こいつマジで舞台の演出家向いていないので二度とやらないでほしい。

もちろん、役者のメンタルを痛めつけての演出を行う演出家は最悪だというのは当然ある。
でもそれだけじゃない。舞台を見る客として、読んでいて非常にイライラした。

あのキャパ、あのキャスト、ストプレという内容的に、あの舞台はおそらく9800円クラスのものだと思う。
初日も2日目も3日目も、どれも客席は9800円。おんなじ金額を支払っている。なのに初日とそれ以外で大幅な演技内容の差があるって最悪なんだよ。配信が初日だからと初日にばかり気合をいれて、他の2日目~楽日までの同じチケット代を支払った客をないがしろにするな。
必死でチケット争いをしてとった演目の内容が、初日とそれ以外で全然違う。そんなのひどい。つらい。ネットの評判で初日が~というのを見るたびに悔しくなる。同じ金額を払ったのになんでってずっと思うだろう。

もちろん、舞台が続いていくうちに徐々に変化するのは良い。
舞台のチケットを複数取れるなおかつ全通は無理って言うなら初日中日楽日で取りたい。それが演目の変化が一番見られるから。演じていくうちに役者の中でのキャラ解釈が変化していってスリルミー2019年公演のように雰囲気が変わっていったりすることもあるだろう。
MOJOのように主演の声の出し方レベルで変わっていくこともあるだろう。

でもそれは役者が観客込での状況に変化していくというやつであって、初日とそれ以外をないがしろにした舞台とは違う。
同じ金額を出して完全に放置されているその他の日々の状況と一緒にしないでほしい。

たぶん銀河鉄道の夜の舞台のときだって初日に入れなかったのを死ぬほど後悔するんだろうな。アキラがいるからチケット全然取れないからと諦めた初日に、アクシデントがあったとはいえなんで行けなかったんだろってものすごく後悔するだろう。

この演出家、早めに下げたほうが良い。役者切り売りタイプは早めに消えてほしい。何人かぱっと思いつく役者切り売りタイプの演出家いるけど全員滅びてほしい。はい。

物語自体の感想は正直あんまりなくて、ああうん、そうだね、としか言いようがなくて、最終的に絵がめっちゃ良いのしか浮かばないんだよな。刺さったのが全部舞台の本番シーンばかりだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました