「好きで好きで大好きなので、いっしょに好きを伝えたい」1冊使った壮大な序章

★★★☆☆

あらすじ

それでもやっぱり好きなものは好きなんです

フィンランドからの留学生エイヤは氷のエルフと呼ばれる孤高の存在。だが実は単にコミュ障だった! しかも留学目的はオタ活! 受け入れ家族で同級生の蒼井桜雅はエイヤの望みを叶えるために動き出すのだが──。

このポストは約 4 分で読めます。

始めのほうでヒロインがVTuberやってるのでてっきりそういう話かな?と思いきや、どうしてVTuberになるかという物語だった。序章で1冊まるまる使っている感じ。
冒頭でおっ最近流行りのVTuberモノか!?と思わせてそりゃないぜレベルでVTuberシーンはない。それぐらいだったらこの部分取っ払っちゃっていいんじゃないのかなというぐらいVTuber部分は無だった。

中学時代にオタクとしてバカにされてからというものオタ活から距離をおいていた主人公が、オタクで留学生のヒロインがホームステイすることになり、次第に好きという感情を出しても良いんだ!と再度思えるようになる心情変化があたたかくて優しくて良かった。

わりとよくあるといえばある『抑圧されていた主人公が自由な(任意の相手役)に引っ張られていくうちに自らの抑圧からも開放されていく』のタイプの物語。
とはいえ、ヒロインが心底オタ文化楽しんでいる雰囲気が可愛くて良いんだよね。
よくある外国人による日本SUGEEEEEEモノかとおもいきやその部分は最低限にして、夜中にぶっ通しで二人でこっそりアニメを観るみたいな描写が入ってるのが可愛い。

美少女がうちに居座ることになるモノってたいてい親不在が多いんだけれども、この話は親がいる状況でホームステイという形で彼女が泊まることになる。そのせいで出てきた描写がもう青春!というかなんというか、サイコーに可愛かった。

 親に隠れてアニメを観るというオタ活行為が、二人で秘め事をしているようで、なんか……よかった。
   (中略)
「寝る前に歯を磨かないとな」
「あ、それじゃ一緒に行きましょうか」
 え? 歯磨きって一緒にするものなの?
 と思ったが、あえて口にはしなかった。エイヤと共に足音を忍ばせて、階段を下りる。一階は静まり返っていて、両親はとっくに寝たらしいことが分かる。なんだかイタズラしてるみたいでワクワクする。子供の頃に戻ったような気分だ。

こんなん! めちゃくちゃ! 可愛いじゃん!
親に隠れて二人で内緒でおりて歯磨きするのがこんなにわくわくした描写で描かれてたらうわー可愛い!! となるわ!!!
ここのシーン、美少女と近距離で……というドキドキよりも、幼い子供が初めての冒険するみたいな可愛らしさのほうが出まくってて読んでてにこにこしてしまった。可愛い。

オタクかつ人見知りでなかなか心が開けないヒロインが俺にだけ可愛いというのは王道ではあるが、人見知り部分があんまり描写多くなかったので、そこまでうわーいつものやつ感なくて良かった。

どっちかっていうと終盤にガツンと出番があった幼なじみがめっちゃ可愛かったな。

「……あのときはアタシ、ギャルとかオシャレとか興味が出てて……アニメとかダサいなって……好きなんて言ったらバカにされると思ったから……」
   (中略)
「それとなく何度もアンタに伝えてんのに、アンタはぜんっぜん気付かねーし、この鈍感!! それどころか、みんなの前でオタ話を振るし!! ありえなくね!? 拒否るしかないじゃん、そんなの!」

ああ……わかる、わかる。中盤に出てきた主人公の『周囲からオタクだと言われて裏では噂されて距離を置かれた』というのがヒロインとの交流とトラウマ解消シーンとして出てきたけれど、そのトラウマを作った側の視点で観るとこうなるのだなと。
そして実際に中学生女子でギャルになろうとしている子がガンダムの話をオタク男子から振られまくってるシーンは、本人的にも嫌だよな。言い方に問題はあったとはいえ彼女もやめてくれと拒否った行動をしているというし、そういう目で観ると彼女側にも納得と同情ができてしまった。

そして彼女自身は隠れオタをしてるのが強くていいな。全然好きでい続けている。

「全然知らなかったぞ、そんなの」
「ったり前でしょ。なんでいちいちアンタに報告しなきゃなんないの?」
「それは……」
「アタシが好きならそれでいいの。それとも何? 他人に好きって言ってもらわないと、自分の『好き』に自信が持てないの?」

これ、他人に拒否されたから好きでいる自信がなくなった主人公にぶっ刺さるよな。この攻撃めっちゃ良かった。強いしきらきらしてる。

それにしても過去に会ってましたオチはやらないとダメなノルマかなのかな。
それと、ぶっちゃけこの作家さんならエロいだろうと予想して読んだのに、全然エロくなくてびっくりした。嘘でしょ。ド健全なんだが。ド健全で初々しくて良かったですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました