Thumbnail of post image 053

★★★★☆,文春文庫ファンタジー

現れた敵、猿 後宮では女達がバトり、王宮では男たちがバトる世界で、とうとう別の敵が現れた。その名も猿。猿と呼ばれるなにかではなく、マジモンの猿。八咫烏たちと同じく人の姿を取り烏たちのなかに紛れ込む猿たち。かろうじて見分ける方法はあるものの、それも確実とは言えない。そして、現れた場 ...
Thumbnail of post image 141

★★★★☆,文春文庫ファンタジー,権力争い

こんな人におすすめ 振り回される少年が好きな人権謀術数渦巻く権力争いを読みたい人前作「烏に単は似合わない」が面白かった人 振り回される少年・雪哉の成長物語 地方役人の次男坊であった雪哉は、ちょっとしたハプニングにより若宮の側仕えとなる。むちゃくちゃな量の仕事を押し付けてくる若宮に ...
Thumbnail of post image 064

★★★★☆,文春文庫ファンタジー,ミステリー,後宮

こんな人におすすめ 読み終えてから「嘘だろ!?」と言いたい人ファンタジーが読みたい人後宮の女同士バトルが読みたい人 壮大なるファンタジーの幕開け 後宮バトルというジャンルがある、と個人的に勝手に思ってる。後宮という狭い場所で、王の訪れを待ち、女同士でさりげないバトルを繰り広げる。 ...
Thumbnail of post image 193

★★★☆☆,文春文庫ミステリー,探偵助手,現代,男同士の強感情

探偵助手のペアが強いバディもの この物語では、キングレオこと獅子丸ら探偵は探偵事務所のようなものに属している。現実の探偵事務所と違い、物語の探偵たちが行うようなことをする探偵事務所(この説明まどろっこしいな)。そして彼等の事件解決の補佐をするのが助手であり、大河は助手兼キングレオ ...
Thumbnail of post image 038

★★★☆☆,角川ホラー文庫ホラー,家族,現代

どんな人におすすめ? 人間ってこえーって言いたい人実在の事件を小説風にしたものを読みたい人ラストに救いがあると思って読みたい人 侵食されていく『我が家』 かろうじて形を整えていた家族は、末っ子長男が事故でなくなってから完全に崩壊した。長女は淡々と学校へ通い、次女は家のなかで透明人 ...
Thumbnail of post image 049

★★★☆☆,双葉文庫お仕事,ミステリー,三角関係,後宮,恋愛,時代物,片思い

盲目の機織り宮女の安楽椅子探偵物 主人公は後宮の機織り宮女。村で受け継がれた秘伝の方法でとても素晴らしい帯を織る盲目の少女。そんな彼女のもとへある日お付きの侍女が持ち込んだのは、あかずの扉の前に幽霊が出るという話だった――から始まる物語。 見えないが故に耳の良い彼女は、様々な『音 ...
「さくらだもん! (実業之日本社文庫)」 加藤 実秋

★★★★☆,実業之日本社文庫お仕事,ミステリー,現代

(事件は軽くないけど)軽く読める警察ミステリー 1本が文庫本で30p前後のかるーい時間で読める警察ミステリー小説。ちょっとした時間があるときにぴったりな分量ですごく良かった。読書メーターで見た感じ、元々ウェブ連載か何かだったみたい? だとすればこの分量も納得。ウェブで読むならこの ...
Thumbnail of post image 186

★★★★☆,講談社文庫ミステリー,時代物

あらすじ 匣の中には綺麗な娘がぴったり入ってゐた。箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物―箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。果たして憑物は落とせるのか!?日本推 ...
Thumbnail of post image 153

★★★★☆,集英社文庫お仕事,ミステリー,現代

ブラックスローン  posted with ヨメレバ 加藤実秋 集英社 2014年03月20日 楽天ブックス Amazon 図書館     あらすじ 個性的なホストたちが人気を集める渋谷のホストクラブ「club indigo」。常連客の真千子が殺され ...