ミステリー

★★★★☆

「夜がどれほど暗くても」犯罪加害者を記事にしていた週刊雑誌副編集長、犯罪加害者遺族となる

★★★★☆ハルキ文庫
ミステリー現代
最近読んでる中山七里のノンシリーズ物(おそらく)。 犯罪系のネタや芸能人のスキャンダルをネタにしていた雑誌の副編集長が、自分の息子が殺人事件の加害者なおかつ死亡したことにより、本来は加害者に向くはずだったヘイトや取材なども全て向けられることとなる、という逆転構造のえぐさがめっちゃいい。 自分がやっていた立場だからこそカメラを向けてくるマスコミ連中がどういう意図でどういう絵面を取りたいのかもわかっていて、だからこそ腹立たしいし苛立つし、自分の無力さを実感する。この対比がすごい上手いのと、主人公が徐々に疲弊していく描写のさりげない旨さが相まってて読む手がとまらなかった。 どこ…
★★★★★

「次回作にご期待下さい」漫画編集部のドタバタミステリー

★★★★★角川文庫
お仕事ミステリー現代
面白かったー。漫画編集部を題材にしたお話で、ちょっとしたミステリーというか謎解き風味。いやほんと面白かった。 ギャグ漫画家なのにものすっごい後ろ向きな漫画家に打ち切りを伝えるエピソードは読んでてああああ……と。実際編集者って悪者にされがちだし、最近ガガガ文庫あたりだと顕著に編集者がツイッターアカウント作っているけれど、そうでもなければこういうことがありましたって発信出来ないものね。で、後ろ向きな漫画家にこういうの書かれたら編集者が悪いと思うファンも増えるだろう。 ……いや増える? この漫画家さんの場合はわかりやすくやべえ人なのでむしろ同情されるかもしれないけれど。 そういったゴタゴタ…
★★★★☆

烏に単は似合わない 八咫烏シリーズ 1 (文春文庫) 阿部 智里

★★★★☆文春文庫
ファンタジーミステリー後宮
こんな人におすすめ 読み終えてから「嘘だろ!?」と言いたい人ファンタジーが読みたい人後宮の女同士バトルが読みたい人 壮大なるファンタジーの幕開け 後宮バトルというジャンルがある、と個人的に勝手に思ってる。後宮という狭い場所で、王の訪れを待ち、女同士でさりげないバトルを繰り広げる。外の世界で起きる戦争などとは方向性の違うバトルだが、それもまたバトルだ。 この物語は、東西南北それぞれの大貴族から遣わされた姫君四人のなかから、次代の王である若宮の后が誰になるかを争う後宮バトルである、――と思わされた。 ウッソだろこれ。完全に方向違いじゃねえか。読み終わってから完全に唖然と…
★★★☆☆

キングレオの冒険 (文春文庫 ま 41-1) 円居 挽

★★★☆☆文春文庫
ミステリー探偵助手現代男同士の強感情
探偵助手のペアが強いバディもの この物語では、キングレオこと獅子丸ら探偵は探偵事務所のようなものに属している。現実の探偵事務所と違い、物語の探偵たちが行うようなことをする探偵事務所(この説明まどろっこしいな)。そして彼等の事件解決の補佐をするのが助手であり、大河は助手兼キングレオの解決した事件を広報用に若干変えつつ物語として脚本化したりなどしている。 ところで、もはや扱いとしては古典であるホームズとワトソンの時代から、探偵と助手はペアとなっている。探偵の輝かしい経歴と解き明かした謎を語るのは助手の役目だ。また、探偵の最も良き理解者も助手である。この物語は、探偵と助手の物語である。…
★★★☆☆

盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ (双葉文庫) 小早川 真寛

★★★☆☆双葉文庫
お仕事ミステリー三角関係後宮恋愛時代物片思い
盲目の機織り宮女の安楽椅子探偵物 主人公は後宮の機織り宮女。村で受け継がれた秘伝の方法でとても素晴らしい帯を織る盲目の少女。そんな彼女のもとへある日お付きの侍女が持ち込んだのは、あかずの扉の前に幽霊が出るという話だった――から始まる物語。 見えないが故に耳の良い彼女は、様々な『音』を頼りに推理を行う。例えばそれは人の足音だったり、衣擦れの音だったり、誰かの会話だったり。あまり分厚くない250pという分量に小さな事件が大量に詰め込まれているタイプの連作短編集。 個人的にはちょっとうーん……。面白い場所と面白くない場所がかなり真っ二つに別れた話だった。具体的には 事件もの…
★★★★☆

「半翼の逃亡者 (富士見L文庫) 永野 水貴」

★★★★☆富士見L文庫
お仕事ファンタジーミステリー
目が覚めたら、目の前には死体があった。 めちゃくちゃおもしろかったー!こういう話大好き。目の前に死体があることから始まる真相探しの話。ミステリーというには読者側に対する証拠の提示が甘いというか少なすぎるけれども、それでも一体誰が犯人なのかと物語を追いかけていくのはものすごく面白かった。 ミステリーものといえばホームズとワトソンのバディだけれど、この話において主人公のアシスタントをするのは死んだはずの彼の幽霊。自分の死ぬ直前の記憶がない彼とともに真実を探る流れが面白かった。犯人探しものにおいて、ありがちかもしれないけれども「自分が最重要容疑者」「追われる立場」「○日後までに真犯人を…
★★★★☆

舞台を見たので原作も読んだよ。「魍魎の匣」京極 夏彦

★★★★☆講談社文庫
ミステリー時代物
あらすじ 匣の中には綺麗な娘がぴったり入ってゐた。箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物―箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。果たして憑物は落とせるのか!?日本推理作家協会賞に輝いた超絶ミステリ、妖怪シリーズ第2弾。 舞台が面白かったので、原作も読んでみた 舞台がもーーーー冗談みたいに良くて最高で最高だったので、これは原作も読みたい!と手にとった。 ちなみに電子書籍で買ったのに、図書館で映画版を借りるついでに実物も見たいなーと書庫から出してもら…
★★★★☆

ネットと現実をつなぎ合わせ、異色のホストが事件解決「ブラックスローン インディゴの夜 (集英社文庫)」加藤 実秋

★★★★☆集英社文庫
お仕事ミステリー現代
ブラックスローン posted with ヨメレバ 加藤実秋 集英社 2014年03月20日 楽天ブックス Amazon 図書館 あらすじ 個性的なホストたちが人気を集める渋谷のホストクラブ「club indigo」。常連客の真千子が殺され、指名されていたホスト・DJ本気が疑われる。オーナーの晶とホストたちが事件を追ううち、ネット上に「もう一つのindigo」が存在し、真千子がそこを運営していたことが分かる。ネットとリアルの両方から犯人探しを進める晶たちだが…。大人気シリーズ最新作が文庫オリジナルで登場! ネットと現実をつなぎ合わせ、異色のホストが事件を解決 あれっ、…
広告
タイトルとURLをコピーしました